2019年 09月 17日 ( 1 )

友泉亭公園(その1)

c0112559_07494490.jpg
松風園を訪ねた次の日も公園を巡りました。友泉亭公園(ゆうせんていこうえん)は福岡藩第6代藩主・黒田継高(くろだ つぐたか)が江戸時代中期に別荘として建てた「友泉亭」とその周辺を、池泉廻遊式の日本庭園として整備したもの。

戦前には麻生家、安川家と並ぶ筑豊炭鉱王御三家の一つで、最大の算出量を誇った貝島家の貝島炭鉱創業者である貝島太助の三男、貝島健次の別荘として使われたところです。ネット情報では、貝島時代の1936(昭和11)年に庭園が完成したとあります。昭和56年に再整備して開園しました。福岡市指定名勝。

友泉亭公園
元黒田継高別荘 / 旧貝島健次別邸
1757(宝暦7)年 / 1936(昭和11)年 / 1956(昭和31)年
福岡市指定名勝
設計・施工・作庭 : 不明
福岡市城南区友泉亭1-46
撮影 : 2019.8.20
c0112559_07502746.jpg
c0112559_07504658.jpg
入り口です。この裏に受付があります。入園料は200円でした。
c0112559_07512940.jpg
c0112559_07514521.jpg
長いアプローチを進みます。
c0112559_07521670.jpg
左が玄関。
c0112559_07564226.jpg
「友泉亭」の揮毫は戦前に首相だった広田弘毅の筆だとか。私の通った高校の先輩です。東京裁判で有罪となり死刑になりました。城山三郎の『落日燃ゆ』の主人公です。その孫が高校時代の同窓生でした。
c0112559_07570344.jpg
玄関から左に進むと、大広間。
c0112559_07573943.jpg
池に面した17畳半の書院造りです。
c0112559_07581002.jpg
個人的な話ですが、私の祖父は貝島炭鉱の社長の執事だったので、この別邸に何度か来たかも知れません。
c0112559_07592558.jpg
今となっては、知る人もなく確認できません。
c0112559_08000306.jpg
大広間からの池の眺めが素晴らしい。
c0112559_08004136.jpg
c0112559_08005721.jpg
c0112559_08011306.jpg
c0112559_08012888.jpg
c0112559_08014448.jpg
池泉を一回りした後、再び大広間へ戻りました。
c0112559_08021511.jpg
c0112559_08022974.jpg
c0112559_08024359.jpg
さすがに暑かったので、頂いたのは冷抹茶。
c0112559_08033455.jpg
張り出しは月見台です。
c0112559_08041508.jpg
c0112559_08043463.jpg
月見台から。
c0112559_08050252.jpg
c0112559_08052208.jpg
大広間の隣の章山庵。8畳の茶室です。章山は黒田継高の法名だとか。
c0112559_08060183.jpg
c0112559_08061847.jpg
c0112559_08063495.jpg
次回は外に出て庭を散策します。
c0112559_08070636.jpg
ネットから。写真提供:福岡市



by gipsypapa | 2019-09-17 08:10 | 建築 | Trackback | Comments(0)