2019年 08月 18日 ( 1 )

正法山 妙心寺

c0112559_07153239.jpg
JR花園駅近くには、法金剛寺の他に妙心寺(みょうしんじ)という大寺院があります。近いところなので、ここも参拝しました。

妙心寺は臨済宗妙心寺派大本山の寺院で、山号は正法山、本尊は釈迦如来です。開基は花園天皇で、開山は1342(暦応5/康永元)年で、関山慧玄(無相大師)によるそうです。寺紋は花園紋(妙心寺八つ藤)。

境内には多くの建造物と37の山内塔頭あるのでで、とても見切れるものではありませんが、できるだけアップします。建造物のうち13棟が国の重要文化財に指定されています。

正法山 妙心寺
安土・桃山時代 / 江戸時代初期
重要文化財
設計・施工 : 不明
京都市右京区花園妙心寺町64
撮影 : 2019.7.10
c0112559_07160858.jpg
南総門。現在の正門ですが、詳細はわかりませんでした。
c0112559_07170413.jpg
向かって左側にある閉まっている門は勅使門。 慶長15年(1610年)建立。山門、放生池など伽藍の正面に位置し、勅使や住持が普山する際に用いられる門です。国の重要文化財。
c0112559_07164780.jpg
境内は妙心寺の伽藍が北に向かって、ほぼ直線に並び、周囲を多くの塔頭が囲みます。
c0112559_07192057.jpg
勅使門の北側、三門との間にある放生池(ほうじょういけ)。正方形の形をした池の中央に石橋が架かっています。
c0112559_07200821.jpg
参拝者が山門を入ってすぐのところに池があるのは和みます。
c0112559_07204367.jpg
向こうが勅使門。
c0112559_07211914.jpg
放生池の北側正面にある三門。 慶長4年(1599年)建立の五間三戸(正面の柱間 5間のうち中央 3間が通路)の二重門( 2階建門)です。国の重要文化財。
c0112559_07241611.jpg
c0112559_07243733.jpg
c0112559_07245506.jpg
c0112559_07250994.jpg
c0112559_07252683.jpg
三門の右側にある浴室は明暦2年(1656年)の建立。元は太嶺院の密宗によって明智光秀の菩提を弔うために建立されたため「明智風呂」の別名があるそうです。国の重要文化財。
c0112559_07260062.jpg
三門の左側の鐘楼。旧鐘楼は元禄9年(1696年)に建立されたもので、重要文化財に指定されていましが、昭和37年に放火により焼失。
c0112559_07263801.jpg
現在のものは春日局が信行寺に寄進した鐘楼を移築したものだとか。
c0112559_07270890.jpg
三門の北側に建つ仏殿は、他の諸堂より新しい、文政10年(1827年)建立の、入母屋造、一重裳階付きで、国の重要文化財。
c0112559_07283127.jpg
本尊は天正年間の釈迦如来で、脇侍は魔訶迦葉と阿難尊者。
c0112559_07291353.jpg
c0112559_07294413.jpg
そのさらに北側には法堂。 明暦2年(1656年)の建立。入母屋造、一重裳階付き。これも国の重要文化財。
c0112559_07332371.jpg
天井に狩野探幽の雲竜図が描かれていそうですが、今回は内部は見ていません。
c0112559_07335316.jpg
c0112559_07340794.jpg
c0112559_07342348.jpg
仏殿と法堂をつなぐ屋根付き渡り廊下。
c0112559_07350018.jpg
廊下の前後に彫刻がありますが、仏殿と法堂のどっちのものか忘れました。
c0112559_07363545.jpg
c0112559_07364964.jpg
c0112559_07370190.jpg
c0112559_07371384.jpg
c0112559_07372994.jpg
三門から仏殿、法堂と南部区一直線に並んでいましたが、その北側の大方丈(おおほうじょう)は東にずれて建っています。 承応3年(1654年)の建立の入母屋造、檜皮葺。南側 3室には狩野探幽、北側 3室は狩野洞雲の筆になる障壁画があるそうです。入母屋造、檜皮葺きの国の重要文化財。
c0112559_07375848.jpg
これと襖絵の写真はネットから借用しています。
c0112559_07382916.jpg
c0112559_07390794.jpg
大方丈の東に並び建つ小方丈。大方丈より古い 慶長8年(1603年)に玉鳳院御殿として建立されたが、明暦2年(1656年)に移築されたものです。国の重要文化財および名勝に指定されています。
c0112559_07402709.jpg
非公開で開門されていましたが、門から庭のを覗くことができました。

c0112559_07411206.jpg
見えたのは一部ですが、さすがに名勝。美しい庭のようです。
c0112559_07413515.jpg
広い境内の北の端、北門は 慶長15年(1610年)の建立で、北総門とも言われます。薬医門で、国の重要文化財。

次回から塔頭(たっちゅう)をいくつかアップします。

by gipsypapa | 2019-08-18 07:47 | 建築 | Trackback | Comments(2)