2019年 08月 08日 ( 1 )

長岡天満宮 八条ケ池

c0112559_07295665.jpg
過去にも何度か訪れていますが、家から近いこともあり、またまた長岡京市へ。この日は阪急電車で出かけました。阪急電車の長岡天神駅から西へ行くと、長岡天満宮の手前に八条ケ池が広がっています。

江戸時代初期の1638( 寛永15)年に当時の領主だった八条宮が命じて造営された、灌漑用の溜め池です。 外周は約1㎞、貯水量は約35000トンあるとか。

毎年、4月中旬からゴールデンウィークのころには、中堤に樹齢約150年といわれる、真っ赤な霧島ツツジが咲き、多くの観光客が見物に訪れる観光名所です。

長岡天満宮 八条ヶ池
京都府長岡京市天神1-4
撮影 : 2019.7.8
c0112559_07303880.jpg
八条ケ池の堤に上がる階段の向こうに長岡天満宮の石鳥居。
c0112559_07312886.jpg
c0112559_07314649.jpg
c0112559_07320356.jpg
中堤を渡る前に東側の堤を北へ。
c0112559_07331335.jpg
向こうに見えるのは水上橋。2014年に架け替えられたそうです。
c0112559_07334735.jpg
c0112559_07340581.jpg
戻ってきて、中堤を天満宮境内方向へ歩きます。樹齢約150年といわれる霧島ツツジの道です。
c0112559_07351307.jpg
中央、ツツジの間の道は通れないので、左右の道を通ります。着物姿の女性が見えますが、その理由は次回に。
c0112559_07373830.jpg
中堤の中ほどにある石の太鼓橋は加賀前田家からの寄進といわれています。
c0112559_07385234.jpg
c0112559_07391311.jpg
池の西側に到着。
c0112559_07394992.jpg
水上橋を渡って北側へ移動します。
c0112559_07402848.jpg
c0112559_07404600.jpg
c0112559_07410051.jpg
六角舎は池を眺める東屋。
c0112559_07414747.jpg
c0112559_07420201.jpg
c0112559_07421653.jpg
c0112559_07423474.jpg
六角舎の西側にはカキツバタ園があります。
c0112559_07431231.jpg
c0112559_07433301.jpg
カキツバタはもう咲いていませんので、今からの主役は蓮です。
c0112559_07440663.jpg
c0112559_07442154.jpg
咲き始めでした。
c0112559_07444765.jpg
c0112559_07450462.jpg
c0112559_07452143.jpg
中堤に戻って、歩いて来た東側を振り返っています。
c0112559_07455310.jpg
その南側にある菖蒲畑。これも遅すぎました。
c0112559_07462825.jpg
樹齢約150年で、市の景観重要樹木に指定されているが咲いている写真をネットから借用します。
c0112559_07465961.jpg
c0112559_07471729.jpg
池の南岸に並ぶのは錦水亭という料亭。これは次回に。



by gipsypapa | 2019-08-08 07:50 | | Trackback | Comments(2)