2019年 08月 07日 ( 1 )

菩提山 穴太寺(その4)本堂

c0112559_07451432.jpg
穴太寺(あなおじ)は、京都府亀岡市にある天台宗の寺院。山号を菩提山(ぼだいさん)といい、本尊は薬師如来、札所本尊は聖観世音菩薩。西国三十三所第21番札所です。

本堂は江戸時代中期に再建された、京都府指定文化財。内陣に鎌倉時代の作とされる布団が掛けられた木彫の釈迦涅槃像が安置されいて、自分の病のある体の部分と同じ体の部分を触ると病気がよくなるといわれています。木造平屋建ての京都府指定文化財。

菩提山 穴太寺本堂
1735(享保20)年
京都府指定文化財
設計・施工 : 不明
京都府亀岡市曽我部町穴太東辻46
撮影 : 2019.7.5
c0112559_07460601.jpg
c0112559_07462322.jpg
c0112559_07464193.jpg
c0112559_07465718.jpg
c0112559_07471513.jpg
c0112559_07473384.jpg
c0112559_07474850.jpg
c0112559_07480355.jpg
c0112559_07481747.jpg
c0112559_07483072.jpg
c0112559_07484398.jpg
c0112559_07490027.jpg
庭園のある円応院から入って、渡り廊下で本殿へ。
c0112559_07493831.jpg
寺紋は菅原道真公にちなみ梅鉢紋。太宰府に流されるときに立ち寄っています。
c0112559_07500805.jpg
釈迦如来涅槃像は撮影禁止なので、ネットから写真を借用しています。鎌倉時代の作だそうです。
c0112559_07505309.jpg
偶然上を見たら天井画があるのを発見。
c0112559_07582776.jpg
c0112559_07512865.jpg
c0112559_07514468.jpg
江戸時代中期と思われ、かなり色あせていますが、見事な格天井でした。

by gipsypapa | 2019-08-07 07:53 | 建築 | Trackback | Comments(2)