2019年 06月 20日 ( 1 )

京都祇園の「萬 燕楽」

c0112559_08063450.jpg
海外から来たジプシー音楽ファンとの夕食は、祇園で、とのリクエストだったため、ネット予約していた「萬 燕楽(よろず えんらく)」に行きました。昔は茶屋だった町家を改装したとかで、私の好みでここを選んだのです。季節の料理や生麩や生湯葉などの京料理を提供する、リーズナブルで雰囲気が良い居酒屋でした。

萬 燕楽
明治初期
設計・施工 : 不明
京都市東山区祇園町南側570-143
撮影 : 2019.4.30
c0112559_08071016.jpg
夕暮れ時の祇園。こんな店がいくつもあります。
c0112559_08075837.jpg
お目当ての店の通りです。
c0112559_08083014.jpg
茶屋街だったことが偲ばれる通りにあります。築120年だそう。
c0112559_08084773.jpg
c0112559_08090156.jpg
1階にはカウンター。
c0112559_08095469.jpg
予約していた2階の個室。
c0112559_08153643.jpg
これ以降の写真は食べログなどから借用しています。
c0112559_08103230.jpg
c0112559_08110621.jpg
急な階段。手すりがないので怖かったです。
c0112559_08120399.jpg
c0112559_08121866.jpg
c0112559_08123389.jpg
c0112559_08124601.jpg
祇園と聞くと、一見さんお断りとか、値段とかで、敷居が高いと思いますが、最近は変わってきているようです。この店はいつも行く大阪梅田の店よりはるかにリーズナブルでした。ネット情報はありがたいです。
c0112559_08131496.jpg
店を出ました。すぐ近くにある京都らしい通り抜けの路地裏。ここもお店です。
c0112559_08134993.jpg
c0112559_08160196.jpg
食事が終わって再び八坂神社の西楼門前へ。ここから市バスに乗ってJR京都駅に行きました。



by gipsypapa | 2019-06-20 08:19 | 建築 | Trackback | Comments(2)