2019年 06月 04日 ( 1 )

離宮八幡宮(その2)

c0112559_08103085.jpg
離宮八幡宮(りきゅうはちまんぐう)の境内には本殿、拝殿、中門など以外にも見所がいくつかありました。

離宮八幡宮
1928(昭和3)年
京都府乙訓郡大山崎町大山崎西谷21-1
撮影 : 2019.4.20
c0112559_08120403.jpg
本殿の西側に森に囲まれたような静謐な場所があります。
c0112559_08124144.jpg
多宝塔礎石。建物はいつころまであったのでしょうか。後で昔の境内図が出てきます。
c0112559_08133051.jpg
末社がいくつかあります。
c0112559_08135858.jpg
c0112559_08141763.jpg
木々に囲まれた静謐な空間ですが、何も手を加えられてないのが、もったいない。
c0112559_08145863.jpg
c0112559_08181840.jpg
菅原道真腰掛け石。大宰府に送られたときに立ち寄ったのでしょう。
c0112559_08185438.jpg
高天宮神社。末社の中で唯一の国の登録有形文化財。本殿と同時期の建立です。
c0112559_08193859.jpg
c0112559_08200189.jpg
c0112559_08201730.jpg
c0112559_08203576.jpg
五社並んでいます。
c0112559_08210811.jpg
落ちた屋根が置いてありました。多分、去年、2018年9月の台風21号の被害でしょう。大阪は各所で大きな被害を受けました。
c0112559_08214727.jpg
本殿の右側にも三社。
c0112559_08221960.jpg
現在の境内配置図。
c0112559_08224862.jpg
これは多分、江戸時代のもの。いかに巨大だったかがわかります。左下に見えるのが多宝塔みたいです。ということは図の中央部分の一角が今残っているんでしょう。
c0112559_08231944.jpg
中門を出て東門へ。
c0112559_08235718.jpg
c0112559_08241321.jpg
東門の手前に純和風建築があります。
c0112559_08252905.jpg
社務所にしては窓口的なものがないので、神主さんお住居かもしれません。
c0112559_08263485.jpg
c0112559_08265211.jpg
c0112559_08270896.jpg
c0112559_08272542.jpg
東門から出ます。
c0112559_08275506.jpg




by gipsypapa | 2019-06-04 08:31 | 建築 | Trackback | Comments(2)