2019年 05月 31日 ( 1 )

JR山崎駅舎

c0112559_09460688.jpg
山崎は家から近いのですが、いつでも行けるという安心感から、ずいぶんご無沙汰していました。前回はアサヒビール大山崎山荘美術館を訪ねたときなので11年ぶりです。今回は駅周辺の寺社などを訪ねます。

大山崎町は京都府の南西の端にあり、大阪府の島本町山崎と接して、駅からすぐ西の山崎には有名なサントリー山崎工場があります。駅舎は昭和2年竣工とのことですが、あまり古さを感じないので、改修が繰り返されてきたと思われますが、随所に歴史を感じる部分が残っています。設計施工は不詳ですが、当時であれば多分、鉄道省の建築課でしょう。木造平屋建て。

JR山崎駅舎
1927(昭和2)年
設計・施工 : 鉄道省か?
京都府乙訓郡大山崎町大山崎西谷23
撮影 : 2019.4.20
c0112559_09491585.jpg
c0112559_09494002.jpg
c0112559_09495675.jpg
c0112559_09501372.jpg
ホームの北側は傾斜地で、高級そうな住宅が並んでいます。
c0112559_09512797.jpg
大阪府側にはサントリー山崎工場。
c0112559_09520528.jpg
c0112559_09523433.jpg
こちらが現在の駅舎。
c0112559_09532244.jpg
これ以降は11年前の写真です。外観は同じですが、中の感じは変わっています。
c0112559_09535259.jpg
c0112559_09555973.jpg
天井の照明は今回気づきませんでした。
c0112559_09563552.jpg
c0112559_09565123.jpg
駅舎は京都府内にありますが、敷地の一部は大阪府三島郡島本町山崎。ホーム上に府境を示す標識があります。これは11年前。
c0112559_09572524.jpg
今はこれ。いずれも右が「阪大」になっているのが奇妙な感じ


by gipsypapa | 2019-05-31 10:07 | 建築 | Trackback | Comments(2)