2019年 05月 29日 ( 1 )

住吉大社 御文庫ほか

c0112559_08310142.jpg
御文庫(おぶんこ)は境内後方の神苑隅に南面して建っています。書物を収めるために創建されたもので、施主は大坂を中心にして、京や江戸の書籍商たちだったとか。奉納された書物は膨大な数に上ると言われています。

建物は寄棟造り本瓦葺きで、正面に扉がありその上部に唐破風の向拝を付け、2階両側面と1階片面に八角窓を開けています。地域の文化活動を支えた同社の歴史を証する建物として国の登録有形文化財に指定された、土蔵造り2階建て。

住吉大社 御文庫
1723(享保8)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
大阪市住吉区住吉2-9-89
撮影 : 2019.4.17
c0112559_08314373.jpg
c0112559_08320204.jpg
c0112559_08322148.jpg
c0112559_08323845.jpg
c0112559_08325203.jpg
c0112559_08330778.jpg
c0112559_08332209.jpg
c0112559_08333971.jpg
c0112559_08335705.jpg
瑞垣の北西にある幸福門を出たところにある祈祷殿。詳細はわかりませんが大型の建造物です。
c0112559_08343288.jpg
c0112559_08345643.jpg
c0112559_08351379.jpg
c0112559_08353143.jpg
その西側に電話ボックス。
c0112559_08360484.jpg
本宮屋根を模した千木も。
c0112559_08363575.jpg
祈祷殿の北側にも大型の建物。社務所でした。これも詳細はわかりませんでした。
c0112559_08372361.jpg
c0112559_08374001.jpg
c0112559_08375817.jpg
c0112559_08381332.jpg
c0112559_08383008.jpg



by gipsypapa | 2019-05-29 08:50 | 建築 | Trackback | Comments(2)