2019年 04月 23日 ( 1 )

霧島国際ホテル

c0112559_08433443.jpg
2泊目の宿は霧島温泉にある霧島国際ホテルでした。初日の指宿は砂風呂という売りがありましたが、温泉の湯質はナトリウム、塩化物泉、つまり海水が混じった温泉でした。霧島温泉は硫黄泉です。またあちこちに湯煙が吹き上がる温泉地らしい風景でした。

霧島国際ホテル
鹿児島県霧島市牧園町高千穂3930-12
撮影 : 2019.3.11.& 12
c0112559_08440569.jpg
知覧もそうでしたが、霧島もお茶の産地。霧島茶の茶畑が車窓の両側に広がっていました。
c0112559_08443462.jpg
知らなかったのですが、お茶の都道府県別産地では、鹿児島県は静岡県に次いで第2位なのです。
c0112559_08450841.jpg
c0112559_08452685.jpg
c0112559_08454266.jpg
現代的なホテルですが泊まったのは和室です。
c0112559_08462024.jpg
c0112559_08463585.jpg
昨夜の指宿いわさきホテルはバイキングでしたが、ここの夕食は会席なので写真を。
c0112559_08475796.jpg
落ちついて飲めるので満足です。
c0112559_08482858.jpg
ホテルの窓から見える湯煙。
c0112559_08485424.jpg
c0112559_08491117.jpg
散歩しました。ホテルの出口近くにある「あさぎりの滝」。
c0112559_08494396.jpg
c0112559_08500787.jpg
c0112559_08503256.jpg
c0112559_08505378.jpg
霧島温泉でもここは丸尾温泉というんですね。
c0112559_08512351.jpg
大浴場の写真はネットから借用しています。
c0112559_08515367.jpg
c0112559_08520776.jpg
お湯がブルーなのは硫黄が含まれるから。
c0112559_08530758.jpg
c0112559_08532295.jpg
翌朝、えびの高原へ向かう山道にも湯煙です。

c0112559_08540203.jpg




by gipsypapa | 2019-04-23 08:47 | 建築 | Trackback | Comments(2)