2019年 04月 11日 ( 1 )

知覧麓武家屋敷庭園 佐多直忠庭園

c0112559_08260910.jpg
ネットの解説文です。⑥佐多直忠(さたなおただ)庭園は大刈込式蓬莱石組庭園で作庭は寛保年間(1741~1744)と伝えられています。庭園は主屋の北にあり、北東隅に築山を設け大きな立石で枯滝を組み、石垣はさらに西へ連なり、間にウメ、イヌマキ(知覧ではヒトツバという)の古木を配しています。

門をくぐると切石の目隠しにつき当たりますが、これは屏風岩と呼ばれ、防衛を兼ねた造りで江戸時代中期の武家屋敷の風格を備えています。母ケ岳を望む庭の一隅に築山を設けて、その中心部に3.5mの立石がそびえ、下部には多数の石組を配して枯れ滝としています。何か大陸的で一幅の水墨画をそのままに現した名園です。

知覧麓武家屋敷庭園 佐多直忠庭園
主屋 : 1802(享和2)年~1812(文化9)年
作庭 : 寛保年間(1741~1744)
名勝
鹿児島県指定有形文化財
鹿児島県南九州市知覧町郡6109
撮影 : 2019.3.11
c0112559_08273070.jpg
c0112559_08274746.jpg
今までに何度か出てきた目隠し。マキの場合もありますが、これは屏風岩。
c0112559_08282627.jpg
主屋は茅葺きから瓦葺きに変わっていますが、江戸後期(19世紀初期)に建てられたもの。
c0112559_08291394.jpg
見事なマキの木のくぐり門を通って庭園へ。
c0112559_08294460.jpg
c0112559_08295875.jpg
c0112559_08301687.jpg
梅とイヌマキを主木としています。
c0112559_08304798.jpg
c0112559_08310580.jpg
c0112559_08312274.jpg
c0112559_08314163.jpg
c0112559_08315727.jpg
c0112559_08321823.jpg
c0112559_08323631.jpg
c0112559_08325230.jpg
c0112559_08330868.jpg
庭を出ます。



by gipsypapa | 2019-04-11 08:37 | 建築 | Trackback | Comments(2)