2019年 03月 24日 ( 1 )

枚方市の神社 意賀美神社

c0112559_13115550.jpg
意賀美神社(おかみじんじゃ)は高龗神(たかおかみのかみ)を主祭神とし、素盞嗚尊(すさのおのみこと)、大山咋神(おおやまくいのかみ)、大国主神(おおくにぬしのかみ)を配祀(主祭神にそえて、その神と縁故のある他の神をまつること)しています。

素盞嗚尊は須加神社の、また大山咋神、大国主神は日吉神社の祭神で、明治時代に合祀されたそうです。1934(昭和9)年の室戸台風で社殿や社務所が大破したため、翌年、万年寺山の須賀神社があった場所に再建されました。

意賀美神社
1935(昭和10)年
設計・施工 : 不明
大阪府枚方市枚方上之町1−12
撮影: 2006.3.25
c0112559_13135274.jpg
c0112559_13155712.jpg
c0112559_13161512.jpg
c0112559_13170736.jpg
c0112559_13172821.jpg
c0112559_13175116.jpg
c0112559_13181056.jpg
c0112559_13183432.jpg
c0112559_13184918.jpg
c0112559_13200407.jpg
意賀美神社の梅林は少し登ったところにあり枚方八景の一つで、 万年寺山の緑陰といわれています。
c0112559_13233752.jpg
c0112559_13244494.jpg
c0112559_13250524.jpg
梅の花は丁度見ごろでした。
c0112559_13255307.jpg
c0112559_13274468.jpg
c0112559_13282603.jpg

c0112559_13280861.jpg

c0112559_13284911.jpg
c0112559_13290893.jpg



by gipsypapa | 2019-03-24 13:35 | 建築 | Trackback | Comments(2)