2019年 03月 21日 ( 1 )

枚方市の神社 百濟王神社

c0112559_08162950.jpg
百濟王神社(くだらおうじんじゃ)は660(斉明天皇6)年に滅亡した百済の王子の祖霊を祭る神社です。百済滅亡後、日本に残留した百済王族の善光(禅広)は朝廷から百済王(くだらのこにきし)の姓を賜り、当地には氏寺として百済寺、氏神として百済王神社が造営されそうです。

数度の火災により百済寺・百済王神社は次第に衰退しましたが、後に奈良の興福寺の支配下に入り、再興が図られたそうです。現在の本殿は、興福寺と関係が深い春日大社の本殿を移築したもの。一方、拝殿は2002(平成14)年に新しく建てられたものです。

百済王神社
詳細不明
大阪府枚方市中宮西之町1-68
撮影: 2006.3.25
c0112559_08185594.jpg
c0112559_08191888.jpg
拝殿は新しく、鉄筋コンクリート造りのようです。
c0112559_08195508.jpg
c0112559_08200967.jpg
c0112559_08204122.jpg
c0112559_08205988.jpg
一方、背後にある本殿は古そうです。
c0112559_08213278.jpg
c0112559_08222053.jpg
c0112559_08235512.jpg
ネット情報では新しい拝殿が出来たときに、旧拝殿は南東側へ移されたとあり、これがそれのようです。
c0112559_08241489.jpg
境内にはある稲荷神社。
c0112559_08294965.jpg
c0112559_08300616.jpg
c0112559_08302558.jpg
c0112559_08304385.jpg

by gipsypapa | 2019-03-21 08:36 | 建築 | Trackback | Comments(4)