2019年 02月 24日 ( 1 )

宝塚ホテル

c0112559_20234963.jpg
昨年、新聞で今ある宝塚ホテルが別の場所に建て替えられ、あと一年ちょっとで解体されるという記事を読み、気になっていました。調べたところ、宿泊しなくてもランチができることがわかり壊される前に行ってみることにしました。

ホテルは本館、新館、東館、西館と増築に次ぐ増築を重ねているそうです。もちろん一番の見所は1926年(大正14年)完成の本館。京阪神初の洋館ホテルで、内部は改装されていますが、随所に当時の雰囲気を残しています。

設計は阪神間モダニズムを代表する建築家の古塚 正治(ふるづか まさはる、1892 - 1976)。このブログでも正司家住宅洋館六甲山ホテルをアップしています。鉄筋コンクリート造り、5階建て、地下1階。

宝塚ホテル本館
1926(大正14)年
宝塚市都市景観形成建築物
設計 : 古塚正治(古塚建築事務所)
施工 : 大林組
兵庫県宝塚市梅野町1-46
撮影 : 2018.12.20
c0112559_20254891.jpg
エントランスは新館側にあります。
c0112559_20265213.jpg
c0112559_20271035.jpg
向かって右が本館です。
c0112559_20275240.jpg
c0112559_20281286.jpg
c0112559_20283425.jpg
c0112559_20285278.jpg
入ったところの新館ロビー。
c0112559_20295420.jpg
向かって右に本館への階段。
c0112559_20302920.jpg
本館のロビーはさすがに歴史を感じます。
c0112559_20310956.jpg
c0112559_20312871.jpg
右側にビアケラーがあります。ビールが売りのレストランです。
c0112559_20355758.jpg
ここは入らなかったのでネットにあった内部写真です。
c0112559_20363168.jpg
窓際の廊下を歩きました。
c0112559_20374446.jpg
c0112559_20380522.jpg
中庭を見ながら進むと・・・
c0112559_20384208.jpg
c0112559_20390062.jpg
新館側にカフェレストラン「ソラレス」があります。ここは軽食もあってお手軽みたいです。
c0112559_20394053.jpg
予約したのはちょっと奮発して仏蘭西料理「プルミエ」。
c0112559_20401364.jpg
宮殿風にといううたい文句。確かに天井は高いです。
c0112559_20404680.jpg
c0112559_20410225.jpg
ランチコースのMenuet -メヌエ、4,700円でした。
c0112559_20415872.jpg
c0112559_20421914.jpg
c0112559_20423866.jpg
メインに肉料理か魚料理を選べるランチコースです。さすがに美味しかったです。
c0112559_20431791.jpg
c0112559_20433731.jpg
c0112559_20435277.jpg
バーもありますが、昼間なので行きませんでした。写真はネットから。
c0112559_20443547.jpg
ネットの写真です。
c0112559_20450420.jpg
2020年に開業する新しいホテルの完成予想図。それにしても本館の解体はもったいない。





by gipsypapa | 2019-02-24 20:53 | 建築 | Trackback | Comments(2)