2019年 02月 04日 ( 1 )

雷山千如寺大悲王院(その1)

c0112559_07541043.jpg
「錦秋の九州 九年庵一般公開と世界遺産 宗像大社・5つの紅葉ハイライト」というツアーに参加しました。2日間で福岡県と佐賀県の紅葉の名所を巡りました。最初は千如寺です。

雷山千如寺大悲王院(らいざんせんにょじだいひおういん)は、福岡県糸島市にある真言宗大覚寺派の寺院で山号は雷山。本尊は千手観音です。開山は178(成務天皇48)年と古く、インドから渡来した清賀(せいが)上人によるといわれています。江戸中期の宝暦2年に福岡藩主・黒田継高が大悲王院を建立しました。

境内には、福岡県指定天然記念物である樹齢約400年といわれる大カエデがあるなど、紅葉の名所として有名です。2回に分けてアップします。まずはいくつかある伽藍の紹介から。

雷山千如寺大悲王院
1752(宝暦2)年以降
設計・施工 : 不明
福岡県糸島市雷山626
撮影 : 2018.11.19
c0112559_07561910.jpg
千如寺は福岡市中心街から車で約50分、糸島市の雷山の中腹にあります。
c0112559_07565679.jpg
実家から距離はそんなに離れていない場所ですが、知っていたのは名前だけで、来たのは初めてでした。
c0112559_07583064.jpg
c0112559_07585938.jpg
c0112559_07591706.jpg
石段を登ったところにある観音堂。ツアー客はこの石段ではなく、庫裏から入って廻廊を登りました。
c0112559_08003971.jpg
c0112559_08010129.jpg
江戸中期の建立だと思いますが、情報が見つかりませんでした。堂内は撮影禁止でしたので、内部写真はネットの写真を借用しています。
c0112559_08012033.jpg
国の重要文化財に指定された木造の十一面千手千眼観音立像。鎌倉時代の作です。
c0112559_08025338.jpg
c0112559_08032110.jpg
観音像の横に「帝釈天」や「大梵天(だいぼんてん)」など二十八部衆の仏像が並んでいます。
c0112559_08040273.jpg
c0112559_08045624.jpg
周囲には装飾彫刻。
c0112559_08052629.jpg
c0112559_08072450.jpg
c0112559_08074519.jpg
c0112559_08080576.jpg
観音堂を抜けさらに上へ。
c0112559_08084685.jpg
c0112559_08090883.jpg
高いところにあるのが開山堂。このお堂は新しそうでした。
c0112559_08102758.jpg
屋根付きの階段を登ります。
c0112559_08110242.jpg
c0112559_08113018.jpg
「木造清賀上人座像」も国指定の重要文化財で、鎌倉時代の作品です。
c0112559_08130201.jpg
この写真はネットから借用。
c0112559_08133444.jpg
他にも興味深いものがありました。
c0112559_08142361.jpg
c0112559_08144165.jpg
c0112559_08150422.jpg
Uターンして下に下ります。
c0112559_08155065.jpg
庫裏。
c0112559_08162630.jpg
c0112559_08193462.jpg
こちらが本堂。これも建立年代などは不明です。
c0112559_08200195.jpg
c0112559_08215398.jpg
c0112559_08221740.jpg
仁王門があります。京都醍醐寺仁王門を模したとか。これも新しいようです。
c0112559_08230878.jpg
仁王門の左右には金剛力士像。
c0112559_08235204.jpg
c0112559_08241343.jpg
境内の南端にある聖天堂。この建物には装飾彫刻があって古そうですが、これも詳細不明でした。
c0112559_08253165.jpg
c0112559_08255706.jpg
c0112559_08261883.jpg
c0112559_08264143.jpg
千如寺の見所は紅葉と庭園でした。次回にアップします。


by gipsypapa | 2019-02-04 08:33 | 建築 | Trackback | Comments(2)