2019年 01月 31日 ( 1 )

柳川の中心部をを散策

柳川の中心部をを散策_c0112559_07364223.jpg
ツアーの最後の訪問地は柳川です。ここは何回か訪ねたことがあるので、新鮮さはありませんが、昼食に「うなぎのセイロ蒸し」を食べたかったので、ツアーのオプションになっている川下りには参加せずに、食べた後に市内を散策することにしました。
撮影 : 2018.10.4
柳川の中心部をを散策_c0112559_07372391.jpg
うなぎを出す店はあちこちにあります。「御花」のそばにあり、以前、店の前を何回か通ったことがあった楠川(くすかわ)に入りました。川下りの乗船場の近くにあり、窓から川下りの船を眺めるお店です。

楠川
福岡県柳川市城隅22-7
柳川の中心部をを散策_c0112559_07381236.jpg
柳川の中心部をを散策_c0112559_07383277.jpg
柳川の中心部をを散策_c0112559_07384933.jpg
柳川の中心部をを散策_c0112559_07391353.jpg
セイロ蒸しの「上」です。肝吸い付きで2300円でした。後で調べてみると、他より割安みたいです。
柳川の中心部をを散策_c0112559_07395787.jpg
味は「御花」で食べたのと似ていて濃い味付けです。空腹だったので美味しかったです。
柳川の中心部をを散策_c0112559_07413856.jpg
楠川から御花前にある川下りの発着所が見えます。
柳川の中心部をを散策_c0112559_07421623.jpg
同じツアーの参加者が川下りの舟に乗って通っていきました。
柳川の中心部をを散策_c0112559_07425898.jpg
食後は町並みを散策。
柳川の中心部をを散策_c0112559_07434442.jpg
以前にもアップした沖端水天宮(おきのはたすいてんぐう)。地元では「水天宮さん」と呼ばれている安徳天皇をお祭りする神社です。5月3~5日に行われる沖端水天宮祭りには、三神丸という舟舞台が作られ夕刻より水天宮囃子が演奏されるそうです。木造平屋建て。

沖端水天宮
1869(明治2)年
設計・施工 : 不明
福岡県柳川市稲荷町21
柳川の中心部をを散策_c0112559_07453680.jpg
前回はお堀越しに見ただけだったので、今回は反対側に行ってみました。
柳川の中心部をを散策_c0112559_07455744.jpg
柳川の中心部をを散策_c0112559_07462099.jpg
柳川の中心部をを散策_c0112559_07465779.jpg
柳川の中心部をを散策_c0112559_07472443.jpg

柳川の中心部をを散策_c0112559_07474718.jpg
柳川の中心部をを散策_c0112559_07480875.jpg
柳川の中心部をを散策_c0112559_07482450.jpg
なまこ壁の醤油屋。
柳川の中心部をを散策_c0112559_07521581.jpg
堀の水門です。
柳川の中心部をを散策_c0112559_07574779.jpg
堀端にある恵比寿神社。
柳川の中心部をを散策_c0112559_07582311.jpg
観光案内所があったので入ってみました。

柳川市観光案内所
福岡県柳川市沖端町35
柳川の中心部をを散策_c0112559_07591531.jpg
「柳川さげもん」という雛のつるし飾りです。
柳川の中心部をを散策_c0112559_08000089.jpg
柳川藩の奥女中が着物の残り布で、子どものおもちゃや琴爪入れを作ったのが始まりとか。
柳川の中心部をを散策_c0112559_08004277.jpg
縁起が良いうさぎ、ひよこ、鶴などの布細工と色鮮やかな糸で巻き上げた「柳川まり」とを組み合わせたものです。

実は、この1ヵ月後にも別のツアーに参加したときにも柳川で昼食でした。そのときには川下りにも乗船しました。それはいずれアップします。

↓ は可愛い外人娘Micaelaミカエラの柳川レポートです。


by gipsypapa | 2019-01-31 08:06 | | Trackback | Comments(2)