2018年 09月 28日 ( 1 )

旧萩藩校明倫館 有備館

c0112559_10190920.jpg
萩・明倫学舎の隣にあるのは有備館。有備館は旧明倫館の剣術場と槍術場を移して拡張したもので、藩士の練武の修行場です。また他国からの剣槍術の修業者との試合場、すなわち「他国修業者引請剣槍術場」でもあったとか。

建物は南北に長く、内部の北側半分は板の間で39畳の剣術場、南側半分は土間で54畳の槍術場、各その西側を藩主の上覧場とし、中間に藩主臨場などの場合に使う控室があります。木造平屋建て入母屋造桟瓦葺き。

旧萩藩校明倫館 有備館
江戸後期
史跡
山口県萩市大字江向448
撮影 : 2018.2.27
c0112559_10193410.jpg
ツアーの案内を抜け出して来ました。左手前から萩・明倫学舎の二号館、奥に三号館と四号館。
c0112559_10202591.jpg
その右側にあります。
c0112559_10205278.jpg
c0112559_10210887.jpg
黒光りする床板の剣術場。
c0112559_10213781.jpg
c0112559_10215399.jpg
槍術場は、右半分が畳の間で、槍術場の藩主上覧場。左半分は畳の間より低い土間になっています。
c0112559_10225604.jpg
c0112559_10231160.jpg
c0112559_10232854.jpg
c0112559_10234294.jpg
時間切れです。ツアーの集合時間が迫り、落ち着いて見れませんでした。

by gipsypapa | 2018-09-28 10:24 | 建築 | Trackback | Comments(2)