2018年 09月 20日 ( 1 )

秋芳洞(国定公園 秋吉台)

c0112559_09134537.jpg
秋芳洞は秋吉台の地下100-200mにある鍾乳洞で、中に約1kmの観光路があり、洞奥の琴ヶ淵より洞口まで、約1kmにわたって地下川が流れています。石灰岩が浸蝕溶解されて生じた石灰洞穴では日本最大。特に学術上の価値が高いことから国の特別天然記念物に指定されています。

秋芳洞
特別天然記念物
山口県美祢市秋芳町秋吉秋吉台
撮影 : 2018.2.26
c0112559_09145448.jpg
秋芳洞は「あきよしどう」が正式な読み方ですが、実際には「しゅうほうどう」と読まれることが多いようです。
c0112559_09154067.jpg
詳しくは忘れましたが、最上部の入り口が使えなかったため、中間部から入りました。
c0112559_09161471.jpg
c0112559_09163284.jpg
上に少し上った後に、戻って下りるルートでした。
c0112559_09170282.jpg
c0112559_09172160.jpg
洞内の気温は四季を通じて17℃だそうで、快適です。
c0112559_09183006.jpg
c0112559_09185398.jpg
c0112559_09191522.jpg
一旦上って黄金柱などを見て、また中間点まで下りてきました。これから更に下へ向かいます。
c0112559_09195249.jpg
c0112559_09202851.jpg
c0112559_09204681.jpg
c0112559_09210696.jpg
洞内の最も広いところは200mの幅。天井は40mの高さがあり、最も高いところは80mあるとか。
c0112559_09213926.jpg
c0112559_09215602.jpg
c0112559_09221689.jpg
c0112559_09223513.jpg
c0112559_09225257.jpg
洞内では黄金柱と並ぶ見所の百枚皿。
c0112559_09232472.jpg
c0112559_09234302.jpg
c0112559_09240563.jpg
c0112559_09242487.jpg
出口が見えてきました。
c0112559_09245738.jpg
c0112559_09251851.jpg
c0112559_09253520.jpg
c0112559_09255134.jpg
我々にはここが出口ですが、ここから入って登って行く人もいるわけです。
c0112559_09261103.jpg

c0112559_09272972.jpg
洞窟からは大量の湧き水が流れ出て川になっています。
c0112559_09280175.jpg
c0112559_09282275.jpg
エメラルドグリーンが美しい。


by gipsypapa | 2018-09-20 09:29 | | Trackback | Comments(2)