2018年 09月 14日 ( 1 )

角島大橋と角島灯台

c0112559_08585537.jpg
角島(つのしま)は、山口県下関市豊北町大字角島の日本海(響灘)上にある島で、山口県の北西端にあり北長門海岸国定公園に含まれます。

角島大橋は2000(平成12)年に開通した橋で、1789メートルの長さがあり、離島へ架けられた一般道路橋としては群を抜く長さで沖縄県の古宇利大橋に次ぎ全国第2位だとか。周囲の景観に配慮した構造が自然景観保護の観点から評価され、2003年に「土木学会デザイン賞2003」の優秀賞を受賞しました。

エメラルドグリーンの海をまたぎ、景観と調和した雄姿は、西長門海岸地域随一の景勝地として、山口県の新たな観光スポットになっています。

角島大橋
2000(平成12)年
設計 : 八千代エンジニアリング
施工 : 大林組、オリエンタル建設
山口県下関市豊北町大字神田~角島
撮影 : 2018.2.26
c0112559_08593726.jpg
高台から。
c0112559_09001143.jpg
c0112559_09003531.jpg
c0112559_09010625.jpg
駐車場の近くにある貝の形のモニュメント。
c0112559_09013926.jpg
土産物屋が1軒。
c0112559_09020062.jpg
バスで橋を渡ります。
c0112559_09030253.jpg
この日は波があるので、エメラルドグリーンまでには行きません。
c0112559_09033968.jpg
c0112559_09035826.jpg
途中にある小さな「鳩島」。
c0112559_09043238.jpg
角島に到着。水仙の島でした。

角島灯台
c0112559_09061042.jpg
角島灯台が見えてきました。1876(明治9)年に初点灯。高さは43mです。多くの灯台を設計した英国人、リチャード・ヘンリー・ブラントンによる、日本海側では初の洋式灯台です。プラトン設計の灯台や付帯設備は、このブログで旧鍋島燈台退息所旧江埼燈台退息所菅島灯台付属官舎犬吠埼灯台大瀬埼灯台を紹介済みです。

角島灯台
1876(明治9)年
下関市指定有形文化財
土木学会選奨土木遺産
設計 : R・H・ブラントン
施工 : 不明
山口県下関市豊北町大字角島2343-2
c0112559_09091512.jpg
c0112559_09093351.jpg
残念ながらバスは一回りしただけで、下車して見ることが出来ませんでした。
c0112559_09102453.jpg
これ以降はネットにあった写真を借用しています。
c0112559_09105795.jpg
c0112559_09111798.jpg
c0112559_09113305.jpg
条件がよければこんなに美しいエメラルドグリーンなのですね。


by gipsypapa | 2018-09-14 09:12 | 建築 | Trackback | Comments(2)