2018年 09月 09日 ( 1 )

亀居山 放光院大願寺

c0112559_08262628.jpg
厳島神社を出たところに山門が見えてきます。大願寺(だいがんじ)は高野山真言宗の寺院です。本尊は薬師如来で、山号は亀居山、院号は放光院。開基は不明で、鎌倉時代の建仁年間(1201~1203年)に了海(りょうかい)により再興されたと伝えられています。

大願寺は 室町時代は厳島神社の修理造営権を握っていて、建築に必要な鍛冶や番匠(大工)檜皮師などの職人団 を率いていたとかで、福岡の箱崎八幡宮や大分の宇佐八幡宮の修理造営もしたとか。幕末に勝海舟と桂小五郎が長州の乱終結の会談をしたのがこの大願寺でした。

現在、残っている建物は江戸時代、元禄時代に建立された山門と本堂のみです。当時はこの山門の周囲に多くの伽藍があったそうです。最初の写真はウィキペディアから借用しています。

亀居山 放光院大願寺
本堂、山門 : 元禄年間(1688―1704年)
設計・施工 : 不明
広島県廿日市市宮島町3
撮影 : 2018.2.25
c0112559_08275723.jpg
山門。江戸時代にはこの山門の周りも塀でめぐらされていた大寺院だったとか。
c0112559_08292057.jpg
c0112559_08294358.jpg
c0112559_08300296.jpg
c0112559_08303081.jpg
境内に池に囲まれた祠があります。
c0112559_08322091.jpg
弁財天の使いとされる厳島龍神が祀られています。
c0112559_08325709.jpg
九本松。明治時代に伊藤博文が何度も厳島を訪ね、その際に植えたそうです。ネットでは8本しかないとの書き込み。確かに。
c0112559_08345403.jpg
護摩堂。2006年に明治初頭の神仏分離令で損失した護摩堂を約140年ぶりに再建したもの。
c0112559_08353824.jpg
総白檀の厳島大仏(不動明王)が祀られています。
c0112559_08363314.jpg
元禄時代に建立された本堂。
c0112559_08392187.jpg
ここに祀られている厳島弁財天は、江ノ島、竹生島とともに日本三大弁財天といわれています。
c0112559_08395786.jpg
明治以降、全国の弁財天社の多くが厳島神社と名を改め、厳島神社を総本山としています。
c0112559_08410237.jpg
本堂前に鎮座。「なで仏」と書いてあります。
c0112559_08415723.jpg

by gipsypapa | 2018-09-09 08:42 | 建築 | Trackback | Comments(2)