2018年 08月 30日 ( 1 )

長野電鉄 小布施駅

c0112559_08204627.jpg
小布施駅へ戻ってきました。長野駅から特急ゆけむりで20分、長野電鉄小布施駅は、栗と北斎の町小布施の玄関口です。 1923年(大正12年)に 開業した駅舎です。観光地の駅らしく、ながでん電車の広場に古い列車を展示したり、藤平第二発電所の水車と水圧鉄管をホームに置いたり工夫されていました。

長野電鉄 小布施駅
1923(大正12)年
設計・施工 : 不明
長野県上高井郡小布施町大字小布施1497-2
撮影 : 2017.12.16
c0112559_08213331.jpg
駅舎は全体的には開業した大正時代の姿をとどめているようです。
c0112559_08221001.jpg
ホームからは雄大な北信五岳(飯綱山、戸隠山、黒姫山、斑尾山、妙高山)の山並みを望めます。この写真は車窓から。
c0112559_08225941.jpg
c0112559_08232311.jpg
出発が遅かったので着いたのはすでに午後4時前。
c0112559_08243779.jpg
c0112559_08250054.jpg
c0112559_08253332.jpg
駅に帰ってきたのは午後5時15分頃。1時間半の短い滞在でした。
c0112559_08262845.jpg
c0112559_08265133.jpg
既に暗くなっています。
c0112559_08272963.jpg
c0112559_08274956.jpg
1番線隣にある「ながでん電車の広場」には、以前長野電鉄を走った古い車両が展示・保存されています。
c0112559_08283274.jpg
現在展示されているのは2000系D編成の3両。
c0112559_08285186.jpg
藤平第二発電所にあった水車と水圧鉄管がホームに展示されています。
c0112559_08300837.jpg
機械工学的にはペルトン型水車です。柄杓(ひしゃく)が水を入れて回ります。
c0112559_08351674.jpg
短い散策でしたが、長野駅へ戻ります。小布施はもう一度訪ねたいところです。
c0112559_08305528.jpg
これはウィキペディアの写真です。

by gipsypapa | 2018-08-30 08:31 | 建築 | Trackback | Comments(2)