2018年 08月 08日 ( 1 )

須坂市ふれあい館まゆくら

c0112559_08331857.jpg
明治後期に建てられた、立町にあった3階建ての建物で、田尻製糸が生糸の原料となる繭(まゆ)を貯蔵する蔵でした。都市計画による道路拡張のため解体の危機にあったそうです。しかし、製糸業で栄えた須坂の歴史を後世に伝える歴史的に貴重な建物であることから、立町から現在の地まで約180メートル曳き家移転を行い、街なみ環境整備事業のまちづくり拠点施設として保存再生されています。

切妻造り,桟瓦葺き,桁行10間と長大な規模で,外壁白漆喰塗,各面とも整然と各階の窓を並べた繭蔵らしい外観であるとして、国の登録有形文化財に指定されている土蔵造り3階建て。

須坂市ふれあい館まゆくら
旧田尻製糸繭蔵
明治後期
設計・施工 : 不明
長野県須坂市須坂387-2
撮影 : 2017.12.15
c0112559_08335930.jpg
c0112559_08342164.jpg
c0112559_08344037.jpg
最近、外壁を塗り替えたのか、真っ白で古さを感じませんが、間違いなく登録有形文化財です。
c0112559_08355948.jpg
1階の休憩スペースで、地元のボランティアがお茶の接待をしてくれました。
c0112559_08371268.jpg
c0112559_08373296.jpg
c0112559_08375285.jpg
2階にある製糸業で使われた器具などの展示コーナー。
c0112559_08383943.jpg
c0112559_08385940.jpg
c0112559_08391807.jpg
c0112559_08393793.jpg
c0112559_08395765.jpg
c0112559_08401732.jpg

by gipsypapa | 2018-08-08 08:40 | 建築 | Trackback | Comments(2)