2018年 07月 29日 ( 1 )

名古屋の外堀通りを歩く

名古屋城の南側を東西に走る外堀通りを東に進みました。名古屋城の外堀は北西側には水がありますが、南東側は空堀になっています。外堀通りは道幅が広い道路で、頭上には名古屋高速都心環状線が通っています。現代的な建物が並ぶ通りですが、途中に名古屋東照宮などの歴史的建造物をいくつか発見することが出来ます。
撮影 : 2017.11.7

呉服加島屋
c0112559_09404583.jpg
町家風の小さな2階建て。呉服店で着物の染色も手がけているようです。

呉服加島屋
詳細 : 不明
名古屋市中区丸の内2-2-7
c0112559_09413038.jpg
c0112559_09414640.jpg
本町橋
c0112559_09424108.jpg
外堀に架かる橋のひとつ。明治末期に架けられた橋です。

本町橋1911(明治44)年
設計・施工 : 不明
名古屋市中区丸の内3-1-6
c0112559_09433735.jpg
c0112559_09440587.jpg
c0112559_09442920.jpg
ごらんのように、堀には水がなく草木が生い茂っています。

ライオンヘルスパークのライオン像
c0112559_09453484.jpg
本町橋を東に進むとブランコなどの遊具が少しだけある小さな公園があります。公園の西の端に台座に乗ったライオン像を発見。名古屋城関連の狛獅子かと思い、道路の反対側を見ましたが、相方はいません。単独の像です。

ライオンヘルスパーク・ライオン像
1954(昭和28)年
名古屋市中区3-2-7
c0112559_09473596.jpg
台座の解説文によると、かつてここはライオンヘルスパークという温室のある公園で、この像はライオン歯磨株式会社が寄贈したものだそうです。
c0112559_09482259.jpg
c0112559_09484387.jpg
この写真はネットから借用しています。ほとんど知る人もなく、ひっそりと座っています。このまま残して欲しいものです。

大津橋
c0112559_09503854.jpg
さらに東に進みます。外堀と大津通りの交点に架かる大津橋。この橋は、9年前にもアップしていますが、もう一度。大津通りは県庁や市役所のある官庁街から南へ、栄、大須、金山に向かう名古屋の南北の目抜き通りの一つです。欄干にあるベイス(飾り花瓶)と球形電球が4本ある照明がレトロ感を出しています。 設計は名古屋市と思われます。

大津橋
1933(昭和8)年
設計・施工 : 不明
名古屋市中区丸の内3-4
撮影 : 2017.11.7
c0112559_09515384.jpg
これ以降は9年前の写真です。
c0112559_09522356.jpg
c0112559_09524013.jpg
c0112559_09525864.jpg
これから愛知県庁と名古屋市役所を見て名古屋城の東門近くまで戻ります。

by gipsypapa | 2018-07-29 09:53 | 建築 | Trackback | Comments(0)