2018年 07月 27日 ( 1 )

坂文種報徳会本町ビル(堤靴店)

c0112559_08081625.jpg

名古屋城の外堀通りをさらに東に進み、本町端から本町通りを南に行くと、京町通りとの交差点手前に店舗兼住宅のレトロな建物があります。1階が店舗で2階以上が住居の洋風ビル。いくつかあるネット情報では坂文種報徳会(ばんぶんたねほうとくかい)本町ビルとなっていますが、グーグルマップではその表示はなく堤靴店となっています。

ファサードはいかにも昭和初期らしい意匠で、壁面の窓周りをアーチ状にへこませ、縦線を強調しています。相当年季が入っていますので、この先が不安になる建物でした。鉄筋コンクリート造り、3階建て。

坂文種報徳会本町ビル
1931(昭和6)年
設計 : 広瀬商会
施工 : 不明
愛知県名古屋市中区丸の内3-1-32
撮影 : 2017.11.7
c0112559_08092954.jpg
c0112559_08094858.jpg
店舗はどれも閉まっています。手前の煉瓦張りは改造したのでしょうが、どう見ても改悪です。
c0112559_08103419.jpg
Cut Club Dolphin のネオン。美容室?入り口を改造している部分にあったのでしょうが、営業している気配はありません。
c0112559_08115577.jpg
c0112559_08121556.jpg
グーグルマップに表示されている堤靴店。
c0112559_08125206.jpg
乗馬用品とは珍しい。
c0112559_08231074.jpg
c0112559_08132700.jpg
自分は気づきませんでしたが、ネットにこんな写真がありました。
c0112559_08135813.jpg

by gipsypapa | 2018-07-27 08:14 | 建築 | Trackback | Comments(0)