2018年 07月 25日 ( 1 )

名古屋東照宮

名古屋東照宮_c0112559_07574968.jpg
紀州東照宮を見てきたので、同じ徳川御三家の尾張名古屋でも東照宮を訪ねました。名古屋城の南を東西に走る外堀通りにあります。

名古屋東照宮は尾張藩初代藩主の徳川義直が1619(元和5)年に三之丸に建立。創建当時の境内は3600坪もあり、社殿などに極彩色が使われた華麗なもので、三之丸東照宮と呼ばれていました。東照宮としては最も豪華だったそうです。

しかし、ここも名古屋城と同じように1945(昭和20)年5月空襲で焼失してしまいました。そのため1954(昭和29)年に市内の建中寺から義直の正室春姫の御霊屋(みたまや)を移築して社殿としたそうです。この御霊屋は1651(慶安4)年に万松寺境内に建てられ、1914(大正3)年に建中寺へ移築されたものでした。

名古屋東照宮(三之丸東照宮)
1651(慶安4年)/ 1954(昭和29)年移設
愛知県重要文化財
設計・施工 : 不明
愛知県名古屋市中区中区丸の内2-3-37
撮影 : 2017.11.7
名古屋東照宮_c0112559_07582881.jpg
名古屋東照宮_c0112559_07585557.jpg
道幅が広い外堀通には入り口がありません。
名古屋東照宮_c0112559_07593020.jpg
細い道を南に下ったところに鳥居があります。
名古屋東照宮_c0112559_08000491.jpg
鳥居は銅板のようなもので覆われていますね。
名古屋東照宮_c0112559_08005091.jpg
鳥居をくぐって左折すると正面に見えるのは唐門です。
名古屋東照宮_c0112559_08013937.jpg
名古屋東照宮_c0112559_08020201.jpg
唐門の向こう側に本殿。唐門の格子の隙間から撮影できます。
名古屋東照宮_c0112559_08024512.jpg
名古屋東照宮_c0112559_08030695.jpg
名古屋東照宮_c0112559_08032542.jpg
名古屋東照宮_c0112559_08034694.jpg
名古屋東照宮_c0112559_08040518.jpg
名古屋東照宮_c0112559_08042725.jpg
名古屋東照宮_c0112559_08044895.jpg
名古屋東照宮_c0112559_08050916.jpg
名古屋東照宮_c0112559_08053172.jpg
名古屋東照宮_c0112559_08055281.jpg
末社の福神社。正面にあるのは鏡ですね。
名古屋東照宮_c0112559_08070079.jpg
こちらは福寿稲荷社。
名古屋東照宮_c0112559_08073435.jpg
名古屋東照宮_c0112559_08075795.jpg

by gipsypapa | 2018-07-25 08:08 | 建築 | Trackback | Comments(6)