2018年 06月 15日 ( 1 )

松島の円通院

c0112559_08080800.jpg
円通院(えんつういん。旧字体:圓通院)は瑞巌寺の西隣にある臨済宗妙心寺派の寺院で、伊達政宗の孫にあたるる伊達光宗の菩提寺として、1647(正保4)年に瑞巌寺第100世洞水和尚により三慧殿(さんけいでん)が建立され開山されました。円通院は三慧殿や大悲亭(本堂)という歴史的な建造物以外にも、変化に富んだ庭園が見所でした。

白華山 圓通院
宮城県宮城郡松島町松島町内67
撮影 : 2017.10.1
c0112559_08085474.jpg
山門は開山と同時に建てられたと考えられいる、萱葺き一間一戸の薬医門です。本堂と共に松島町指定文化財。
c0112559_08094413.jpg
山門をくぐって奥へ。
c0112559_08102983.jpg
山門から境内に入ると左側に石庭「雲外天地の庭」があります。
c0112559_08113761.jpg
c0112559_08135235.jpg
c0112559_08143437.jpg
「天の庭」は松島湾に実在する七福神の島を仏の庭として表し、「地の庭」は命を意味した「三宝の庭」だとか。
c0112559_08155772.jpg
松島湾は白砂で、周囲の山々はコケで表し、「天」と「地」には天水橋が架っています。
c0112559_08180581.jpg
c0112559_08190459.jpg


■三慧殿
c0112559_08202826.jpg
境内の一番奥にある三慧殿(さんけいでん)は別名御霊屋(おたまや)とも呼ばれています。建物は宝形造りで、周囲に高欄付の縁を巡らす、東北地方では数少ない 格式ある方三間霊屋の遺構です。霊屋建築としては宮城県下最古とされ、3世紀半もの間秘蔵とされたという、国の重要文化財です。木造平屋建て。

三慧殿
1647(正保4)年
重要文化財
設計・施工 : 不明
c0112559_08280721.jpg
c0112559_08283313.jpg
c0112559_08290182.jpg
c0112559_08300092.jpg
よく見えませんが、三慧殿の厨子には、馬に跨った光宗像と慶長遣欧使節を率いた支倉常長が西洋から持ち帰ったバラや、フィレンツェを象徴する水仙、トランプの図柄などが描かれキリシタン文化の影響を受けています。江戸時代初期に海外との交流を図った伊達政宗の影響がここに残っているわけです。
c0112559_08304576.jpg
c0112559_08310722.jpg
c0112559_08313410.jpg
三慧殿から本堂方面へ戻る参道の左側に石窟が並んでいます。
c0112559_08343354.jpg
c0112559_08341525.jpg
c0112559_08355363.jpg
c0112559_08363851.jpg
c0112559_08371564.jpg
c0112559_08375423.jpg
c0112559_08382639.jpg
ネットではあまり取り上げられてはいませんが、興味深かったです。
c0112559_08395456.jpg
遠州の庭。中門をくぐると本堂の前に心字の池で構成された庭があります。
c0112559_08411979.jpg
この庭は伊達藩江戸屋敷にあった小堀遠州作の庭を移設したといわれているそうです。
c0112559_08433112.jpg
c0112559_08435924.jpg
この前後の写真はネットにあったものを借用しています。
c0112559_08444936.jpg
c0112559_08451657.jpg
三慧殿禅林 瞑想の庭。杉林の自然庭園です。
c0112559_08454587.jpg
c0112559_08470299.jpg
c0112559_08472974.jpg
バラの庭 「白華峰西洋の庭」。支倉常長がヨーロッパから持ち帰ったバラなどをモチーフにしたそうです。みのはしたので写真はネットから借用しました。

■大悲亭(本堂)
c0112559_08492152.jpg
本堂の大悲亭は光宗公の江戸納涼の亭として使われていた建物を移築したもので、寺院としては寄棟造りの萱葺き屋根が珍しいのですが、禅寺らしい落ち着いた雰囲気といえます。松島町指定文化財の木造平屋建て。

大悲亭(本堂)
1647(正保4)年
松島町指定文化財
設計・施工 : 不明
c0112559_08502139.jpg
c0112559_08524797.jpg
c0112559_08530817.jpg
c0112559_08541391.jpg
本堂の横に瓦葺きの建物があります。詳細は不明ですが、ここで数珠作りが体験できるようです。

by gipsypapa | 2018-06-15 08:57 | 建築 | Trackback | Comments(4)