2018年 03月 14日 ( 1 )

石川県金沢城・兼六園管理事務所分室

c0112559_08243539.jpg
もと金沢市内の大手町にあった禄高1万石の加賀藩家老、津田玄蕃邸の屋敷で、宝暦の金沢大火(1759年)の後に建てられたものです。大正12年に保存のため兼六園に移築され、現在は管理事務所として使われています。木造平屋建て。

石川県金沢城・兼六園管理事務所分室
旧津田玄蕃邸
江戸時代後期 / 1923(大正12)年 移設
石川県指定文化財
設計・施工 : 不明
石川県金沢市兼六町1-4
撮影 : 2017.6.6
c0112559_08250808.jpg
c0112559_08252661.jpg
c0112559_08254421.jpg
c0112559_08260013.jpg
屋根が載った木製の塔は何でしょう?
c0112559_08263433.jpg
c0112559_08265849.jpg
c0112559_08271239.jpg
1枚目の写真の反対側に屋敷の玄関があるのですが、見逃したのでネットから借用します。

by gipsypapa | 2018-03-14 08:27 | 建築 | Trackback | Comments(0)