2018年 02月 06日 ( 1 )

七尾市の仙対橋

c0112559_08022114.jpg
今日からしばらく石川県です。昨年6月に2泊3日の小旅行をしました。初日は和倉温泉、2日目は金沢に泊まる予定です。能登半島の中ほどに位置する和倉温泉に向かう途中、レトロ建築が多い七尾で下車しました。

駅前から北上すると、七尾のランドマーク的存在で、一本杉通りへの「入口」でもある仙対橋があります。七尾市の中心市街地を流れている御祓川(みそぎかわ)に架かる橋で、金の烏帽子の紅い欄干が印象的。橋のパネルには青柏祭の曳山がの絵が描かれています。

仙対橋
詳細 : 不明
石川県七尾市生駒町
撮影 : 2017.6.05
c0112559_08030228.jpg
別名「まつりの橋」と呼ばれます。青柏祭は大地主神社 ( 山王神社 ) の祭禮です。
c0112559_08034546.jpg
c0112559_08040247.jpg
日本一巨大という、奉納三町(鍛冶町・府中町・魚町)の曳山が描かれています。
c0112559_08044142.jpg
c0112559_08045917.jpg
川沿いに通称「でか山」の車輪が飾られています。
c0112559_08054539.jpg
七尾市の中心市街地を流れている御祓川(みそぎかわ)。この少し先は海です。
c0112559_08064937.jpg
この橋を渡って西に進むと、レトロ建築が多く立ち並ぶ「一本杉通り」。この後、散策します。

by gipsypapa | 2018-02-06 08:07 | | Trackback | Comments(2)