2018年 01月 15日 ( 1 )

北回帰線標塔

c0112559_07394790.jpg
台東から2時間くらい北上して花蓮県に入りました。静浦という村の海岸に北回帰線標塔が立っています。台湾では他に2箇所に北回帰線標塔がありますが、ここが一番こじんまりしているようです。

この北回帰線(Tropic of Cancer)から南回帰線(Tropic of Capricorn)に挟まれた地域が熱帯。台湾は南側が熱帯、北側は亜熱帯です。北回帰線上では、夏至に太陽の真下になりますので、正午にここに立つと、自分の影がなくなるわけです。

北回帰線標塔
花蓮県豐濱鄉靜浦村三富橋58號
撮影 : 2017.4.18
c0112559_07402374.jpg
バスがここで一時停車しましたが、車窓からしか撮影できませんでした。
c0112559_07410088.jpg
幸いこちら側の席に座っていたので、なんとか撮影。
c0112559_07413269.jpg
この色鮮やかな写真はネットから借用しています。

by gipsypapa | 2018-01-15 07:42 | 建築 | Trackback | Comments(2)