2015年 05月 17日 ( 1 )

松渓山 智源寺

松渓山 智源寺_c0112559_8383463.jpg
 宮津市の市街地南部には寺院が集中しています。事前には何の情報も持っていませんでしたが、旅館でもらった観光案内に歴史的価値があるお寺が紹介されていたので、それに従って散歩を兼ねて行ってみました。

 智源寺は曹洞宗の修行道場としても知られ、寛永2年(1625)に宮津城主・京極丹後守高広が母堂・惣持院殿松渓智源大禅定尼追善のために建立したお寺です。現在の本堂は寛政9年(1792)の火災で焼失後、文化元年(1804)に、宮津の大工の嶋川清治郎によって建てられ、後見に冨田弥四郎、柴山羽左衛門の名が見られるとあります。

 見どころは本堂格天井の20枠に描かれた花草図で、江戸時代後期の円山四條派と土佐派20人の傑作で、京都府指定文化財なのですが、観光案内に書かれていたにも関わらず、見落としてしまいました。木造平屋建て。

松渓山智源寺本堂
1804(文化元)年
設計・施工 : 嶋川清治郎(大工)ほか
宮津市京街道769
撮影 : 2014.10.28
松渓山 智源寺_c0112559_840176.jpg
松渓山 智源寺_c0112559_8402721.jpg
 赤門です。
松渓山 智源寺_c0112559_8405390.jpg
 堂々とした山門ですが、これは、つい最近再建されたものだそうです。
松渓山 智源寺_c0112559_842219.jpg
松渓山 智源寺_c0112559_8421132.jpg
松渓山 智源寺_c0112559_8422458.jpg
 経蔵。
松渓山 智源寺_c0112559_8444565.jpg
 鐘楼。
松渓山 智源寺_c0112559_8455070.jpg
 江戸後期に建立された本堂。
松渓山 智源寺_c0112559_8463716.jpg
松渓山 智源寺_c0112559_8464954.jpg
 この本堂の真上に天井画があったのですが気づかず、残念でした。ということでネットにあった写真です。↓
松渓山 智源寺_c0112559_8472643.jpg
松渓山 智源寺_c0112559_849546.jpg
松渓山 智源寺_c0112559_849184.jpg
 よさそうな日本庭園がありますが、朝食前の散歩なので旅館へ戻らなくては・・・
タグ:
by gipsypapa | 2015-05-17 08:51 | 建築 | Trackback | Comments(2)