2015年 04月 25日 ( 1 )

宮津駅前の富田屋

c0112559_11525448.jpg
 再び北タンゴ鉄道に乗って宮津駅に到着。まず目に入ったのがこの和風建築。駅前にある大衆食堂「富田屋(とんだや)」です。着いた日は天橋立で昼食を済ませていたので通過しただけですが、次の日はここでお昼にしました。

 外から見た雰囲気を裏切らない昭和レトロな店内。20cmくらいの厚さのケヤキ1枚板のテーブルに杉の木を半割にした長椅子があります。日本海に近いので魚介類を中心としたメニューが売りのようで、お昼時の店は満員でした。木造2階建て。

富田屋
詳細不明
宮津市鶴賀2066-56
撮影 : 2014.10.27&28
c0112559_11543432.jpg
c0112559_11544781.jpg
 初日は暖簾が上がっています。見ると本日休業の札が下がっていました。この時は翌日この店に入るとは思っていませんでした。
c0112559_11553519.jpg
c0112559_11554714.jpg
c0112559_11555942.jpg
 翌日はお昼を予定している店が逆に定休日でした。他に食堂のようなものがなく、結局駅前までくると、今度は暖簾が下がっていました。開いています。
c0112559_11584218.jpg
c0112559_11585347.jpg
c0112559_1159994.jpg
 期待以上。昭和レトロの雰囲気がうれしい食堂でした。
c0112559_1201170.jpg
c0112559_1202169.jpg
 刺身定食は安くておいしい。おすすめです。
c0112559_1213454.jpg
 あわび焼き。時価かな。夜だったら間違いなくオーダーしそうです。
c0112559_1214969.jpg
c0112559_122173.jpg
c0112559_1221319.jpg
c0112559_1223392.jpg
c0112559_1224725.jpg
 2階は宿になっているようです。かなり奥が深いみたいです。ここに泊まって富田屋食堂で一杯飲みながら夕食というのもよさそう。
by gipsypapa | 2015-04-25 12:05 | 建築 | Trackback | Comments(4)