2011年 04月 01日 ( 1 )

神戸のフットテクノビル

神戸のフットテクノビル_c0112559_14503897.jpg
 大正期のオフィスビル。帝国生命神戸出張所として建てられ、そのビルの一角を1929(昭和24)年までNHK神戸支局が使っていたそうです。現在は健康シューズなどを扱うフットテクノの本社ビルになっています。

 1階は腰部分が花崗岩の石貼り、その上部は疑似石貼りの重厚な外観ですが、2階以上は軽快なモルタル仕上げになっています。コーナー部のアールとレリーフをさりげなくあしらった破風が特徴で、最上階の窓だけは緩いアーチの縁取りになっています。なお、2004(平成16)年 に改修されたときに、大正ロマン風の原形に近い外観に復元されたとか。神戸の大正モダニズムを代表する洋風建築の一つといえます。国の登録有形文化財の鉄筋コンクリート造り、4階建て。

フットテクノビル
旧帝国生命保険神戸出張所 
1921(大正10)年、1949(昭和24)年改修
登録有形文化財
設計・施工 : 清水組
神戸市中央区栄町通5-2-8
撮影 : 2007.11.11
神戸のフットテクノビル_c0112559_14513741.jpg
神戸のフットテクノビル_c0112559_14514764.jpg
神戸のフットテクノビル_c0112559_14515466.jpg
神戸のフットテクノビル_c0112559_1451584.jpg
神戸のフットテクノビル_c0112559_1452817.jpg
神戸のフットテクノビル_c0112559_14521939.jpg
神戸のフットテクノビル_c0112559_14522723.jpg

by gipsypapa | 2011-04-01 14:53 | 建築 | Trackback | Comments(2)