2010年 04月 08日 ( 1 )

名古屋市立筒井小学校

c0112559_103598.jpg
 1923(大正12)年の関東大震災のあと、大正末期から昭和初期にかけて、全国各地に建てられた鉄筋コンクリート造りの震災復興建築の小学校の一つ。今でも東京と京都に数多くの優れた意匠の小学校が残っていますが、名古屋市では11校あったうち現存しているのはここだけになってしまいました。

 この時代に建てられた小学校に共通しているのは、一部に様式主義を取り入れたモダニズム建築が競うように多く建てられたことです。この筒井小学校も全体的にはモダニズム様式としながら、最上階にアーチ窓を並べているのが目を引きます。設計は市の建築課ですが、当時は全国各地で同様の新設小学校が作られたことから考えて、学会や雑誌など、各都市間の横の情報は共有されていたのではないでしょうか。鉄筋コンクリート造り、3階建て。

名古屋市立筒井小学校
1936(昭和11)年
設計 : 名古屋市建築課
施工 : 不明
名古屋市東区筒井1-15-28
撮影 : 2009.7.23
c0112559_1045940.jpg
 グランド(南)側にアーチ窓の並ぶ校舎。左側は後に増築されたものかも知れません。
c0112559_1061422.jpg
c0112559_1062692.jpg
c0112559_1063413.jpg
 裏(北側)にはボイラー用と思われる煙突があります。
c0112559_107289.jpg

by gipsypapa | 2010-04-08 10:07 | 建築 | Trackback | Comments(4)