2008年 01月 11日 ( 1 )

大阪中央郵便局

大阪中央郵便局_c0112559_1291159.jpg
 毎日、JR大阪駅で乗り換える私にとっては、あまりに日常的な風景ですが、有名な逓信省の吉田鉄郎氏の設計。

 装飾を排したモダニズム建築(つまり当時は最新のデザインで現代建築に通じる)と言われ、最近、郵政民営化に伴う高層ビル化が検討されて行方が注目の的になっている東京駅前の東京中央郵便局が代表作です。さらに廃墟化が進み保存問題になっている千葉の検見川送信所や旧京都中央電話局上分局(現カーニバルタイムス)も彼の設計です。

 実はこの大阪も建て替えが検討されているのです。以下Wikipediaから。
「老朽化・土地の有効利用という観点から、民営化に際して高層ビルに建て直し、隣接するJR西日本所有のアクティ西ビルと大弘ビルを併せた3施設(約1.3ha)を一体的に開発する計画がある。JR西日本と日本郵政公社(当時、現在の日本郵政グループ)との間で、2008年春頃をめどに計画案をまとめる予定で、高さ180m(地上38階程度)の高層ビルを2008年度中に着工し、2011年度の完成を目指す。新ビルには商業施設やオフィスのほか直営郵便局も入居する予定である。 JR西日本は手狭な所有地の活用を以前から模索しており、中央郵便局と一体的に開発することにより双方の資産有効活用に繋がるとの意見が合致した。
しかし、貴重な近代建築として保存を求める声が強くあり、日本建築学会が、生田正治・日本郵政公社総裁(当時)と麻生太郎・総務大臣(当時)、關淳一・大阪市長、西川善文・日本郵政社長宛てに3度にわたって「保存要望書」を提出している。これに対し郵政公社は「保存の有無も含め、建築方法などを幅広く検討したい」と話した。」

鉄筋コンクリート造り5階建て。

大阪中央郵便局 1939(昭和14)年
設計 : 吉田鉄郎(逓信省営繕課)
施工 : 清水組
大阪市北区梅田3-2-4 
撮 影 : 2007.7.28 & 11.25
大阪中央郵便局_c0112559_12234022.jpg
大阪中央郵便局_c0112559_12235414.jpg
大阪中央郵便局_c0112559_1224957.jpg
大阪中央郵便局_c0112559_12242095.jpg
大阪中央郵便局_c0112559_1228421.jpg
 外壁はグレーのタイル貼り。階が上に行くにつれて天井高が低くなっています。 何気なく見ていましたが、よく見るとなかなか面白い。最後の全景写真はJR大阪駅の環状線ホームから見たところです。
by gipsypapa | 2008-01-11 12:30 | 建築 | Trackback | Comments(5)