2007年 05月 30日 ( 1 )

自由学園講堂


c0112559_1564731.jpg
 ちょうどフランク・ロイド・ライトの自由学園明日館の道を挟んだところにある講堂。設計は、ライトの弟子である遠藤新。明日館の最後の東教室棟の2年後に建てられました。外部から見ると、何の変哲もない建物ですが、内部はほとんどライトの自由学園と見分けがつかないようなデザイン。遠藤は、明日館とのつながりを考え、デザインを同じようにしたのでしょう。

自由学園講堂 1927(昭和2)年
重要文化財
設計 : 遠藤新
施工 : 不明
東京都豊島区西池袋2-31-3
撮影 : 2007.5.2
c0112559_1512057.jpg
c0112559_15362088.jpg
c0112559_1536583.jpg
c0112559_15371711.jpg
c0112559_15373773.jpg
c0112559_1537511.jpg
c0112559_1538228.jpg
c0112559_15384390.jpg
c0112559_1539333.jpg
 ごらんのように明日館のデザインを踏襲した、幾何学模様を駆使しています。平成元年(1989)に大規模な改修工事が行われた後、平成9年(1997)、他の3棟とともに重要文化財に指定されました。
c0112559_1543491.jpg
 ここ自由学園を後にする頃には夕暮れが迫っていました。ヴォーリズの武蔵豊岡教会から、入間市西洋館、立教大学を回り、充実した1日でした。
by gipsypapa | 2007-05-30 15:46 | 建築 | Trackback | Comments(14)