入間市西洋館

c0112559_16352717.jpg
 西武池袋線の入間駅で下車し、ヴォーリズの武蔵豊岡教会へ向かい途中に建つ黒茶色の化粧れんが張りの洋館。木々に囲まれ、見るからにシックな、落ち着いた、たたずまいです。大正11年ころに石川製糸の迎賓館として建てられた西洋館。現代から大正時代にタイムスリップしたような感覚に陥るようです。なお、設計者は室岡惣七といい、東大建築学科卒後、官庁勤めを経て東京で設計事務所を開業。棟梁は関根平蔵という、3代目の宮大工だそうです。
 現在は入間市の所有として保存されています。

入間市西洋館
旧石川組製糸西洋館 1922(大正11)年
登録有形文化財、入間市景観50選指定
設計 : 室岡惣七
施工 : 関根平蔵
埼玉県入間市河原町13-13
撮影 : 2007.5.2
c0112559_16371227.jpg
c0112559_16391348.jpg
 一般開放されていますが、冬場を除いて、かつ2ヶ月に1日だけしか見れません。予め確認してから行った方がよいでしょう。この日は勿論、閉まっていました。ただ入り口は国道16号線沿いにもあって、そちらは施錠されていませんので、敷地には自由に入れます。
c0112559_16432398.jpg
c0112559_16433949.jpg
c0112559_16441394.jpg
c0112559_16451788.jpg
c0112559_16454415.jpg
c0112559_164788.jpg
c0112559_16472664.jpg
c0112559_16474696.jpg
 地下1階、地上2階建ての本館と、棟続きの平屋建て別館の2棟。いずれも木造で、本館は書院造り和室2間を含め総部屋数は約20あり、天井と床の細かな造形は部屋ごとに違うそうです。
c0112559_16483290.jpg
c0112559_16484969.jpg
c0112559_16491094.jpg
c0112559_16493276.jpg
c0112559_16495424.jpg
 こちらが棟続きの別館。高い煙突もあります。個人的にはこのこじんまりした建物が気に入りました。
c0112559_16512575.jpg

 
by gipsypapa | 2007-05-23 16:55 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/6156648
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by すみれ at 2007-09-23 20:37 x
今日見てきました。
我が家は所沢市なのですぐ近くです。
でも知りませんでした。
思ったより大きな建物でした。
昔がしのばれます。
Commented by gipsypapa at 2007-09-24 09:28
すみれさん、所沢市ですか。
まったく関係ない話ですが、私は西武ライオンズのファンなのです。今年はだめですね~。
Commented by sy-f_ha-ys at 2007-09-24 19:47
gipsypapa様、私もこの邸宅は前しか通ったことありません。
入間のヴォーリスの教会は、野球観戦の前に行くつもりだったのですが、間もなくシーズンオフです。今年は散々な結果でしたね(泣)。
教会は秋晴れの日にでも見に行くつもりです。
Commented by gipsypapa at 2007-09-25 12:19
sy-f_ha-ys さん、本当に弱かったですね。伊東監督もやめそうな雰囲気。いい監督だと思いますが。
松井(稼)が抜けたら中島、松坂が抜けたら涌井と若手は育っていますが、今年の戦犯はカブレラでしょう。
小粒の足の早い若手はたくさんいますが、大砲が少なくやはりカブレラが本塁打50本くらい打ってくれないと。
彼ももう年かな。

建物に関係ないですね。(^^;;
<< 立教大学本館(モリス館) 会津若松市役所 >>