四天王寺本坊庭園 補陀落の庭と湯屋方丈

c0112559_07592100.jpg
極楽浄土の庭を見下ろす西側にある補陀落(ふだらく)の庭。江戸幕府第2代将軍・徳川秀忠により再興された「湯屋方丈」の前に広がる池泉鑑賞式庭園です。湯屋方丈の再建と共に作庭。現在の庭園は明治時代に改修されたものだそうです。

四天王寺 補陀落の庭
江戸初期 / 明治初期
作庭 : 不明
大阪市天王寺区四天王寺1-11-18
撮影 : 2019.9.20
c0112559_08003552.jpg
c0112559_08005549.jpg
見えているのは本坊です。極楽浄土の庭とともに本坊庭園といわれます。
c0112559_08013492.jpg
左端は極楽の池から見えていた本坊の張り出し部分。
c0112559_08023156.jpg
緩やかな築山に石組みと刈り込みの植栽の間を流れるせせらぎが美しい庭です。
c0112559_08030843.jpg
c0112559_08032431.jpg
c0112559_08034383.jpg
c0112559_08035814.jpg
c0112559_08041893.jpg
c0112559_08043672.jpg
c0112559_08045505.jpg
c0112559_08051383.jpg
湯屋方丈(本坊方丈)は江戸時代初期に徳川秀忠によって再建された入母屋造本瓦葺きの建物で、清所とも呼ばれます。もともとは五智光院前にあったそうですが、2回移築されて現在地に建っています。国の重要文化財の木造平屋建て。

湯屋方丈
1617(元和3)年
重要文化財
設計・施工 : 不明
c0112559_08054602.jpg
c0112559_08060295.jpg
c0112559_08061896.jpg
c0112559_08063757.jpg
c0112559_08065150.jpg
湯屋方丈の北側。
c0112559_08075247.jpg
c0112559_08081859.jpg
この辺は本殿につながる客殿です。
c0112559_08085250.jpg
c0112559_08090912.jpg
湯屋方丈は時々一般公開されるようです。写真はネットから借用しています。
c0112559_08103156.jpg
ネットには補陀落の庭に砂紋が描かれたものがあります。一般公開か何かの催しのときに描かれるんでしょうか。見たい気もしますが、逆に砂紋があると今回のように、庭に近づけないわけで、それはそれでいいかな。



by gipsypapa | 2019-11-11 08:14 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/30565627
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2019-11-12 06:25
池泉庭から枯山水庭まで、
しっかり造り込まれているし、
管理もちゃんとされているし、
見応えのあるお庭でした。
また、行きたくなりました。
Commented by gipsypapa at 2019-11-12 09:45
j-garden-hirasato さん
期待以上に美しい庭でした。
変化があって
回遊していて飽きない工夫がされていますね。
またいつか機会があれば来てください。
京都より庭を見に来る人が少ないので(笑)
ゆっくりできます。
<< 天王寺区の阪和商店街 四天王寺本坊庭園 極楽浄土の庭... >>