柳谷観音 楊谷寺 奥之院参道(その1)

c0112559_07423200.jpg
京都府指定名勝の浄土苑が見所の境内ですが、紫陽花の寺といわれるように、斜面に紫陽花が植えられ、山全体が庭園のような雰囲気です。

このような山の斜面に沿って、高低がある境内は京都西山三山(光明寺・楊谷寺・善峯寺)に共通した風景です。奥之院から参道を下る途中の見所を2回に分けてアップします。

柳谷観音 立願山楊谷寺
京都府長岡京市浄土谷堂ノ谷2
撮影 : 2019.7.17

最初の写真は、奥之院の本堂から石段を降りた参道。裏から来たので、普通とは反対の道順でした。
c0112559_07501934.jpg
c0112559_07503697.jpg
奥之院の堂宇の横に小さな庭を発見。気づかないくらい小さな庭です。
c0112559_07510878.jpg
c0112559_07512383.jpg
涼しげな自然のせせらぎ。
c0112559_07515560.jpg
c0112559_07521014.jpg
向こうに見えているのは多宝塔。
c0112559_07524527.jpg
十三重石塔です。
c0112559_07543656.jpg
奥之院本堂の裏側にある「奥之院眼力稲荷」。右は愛染堂です。
c0112559_07553286.jpg
愛染堂には愛染明王が祀られ、男女和合・夫婦円満などにご利益があるとか。前にあるのは「あいりきさん」。石版を背負わされている天邪鬼ですが、小錦にしか見えません。
c0112559_07560623.jpg
と思ったら、ネットに反対側の写真があったので、借用します。顔は小錦じゃなかった。それにしても持ち物がご立派!
c0112559_07571583.jpg
奥之院前の石段を降りたところにある塔。
c0112559_07574998.jpg
不思議な形ですが、何でしょう?
c0112559_07583633.jpg
この小さな社は納骨堂と書いてあります。
c0112559_07590416.jpg
中を覗くと、向こうに石仏。
c0112559_08001094.jpg
社の横にも別の石仏。
c0112559_08004289.jpg
更に下って行くと、小さな池があります。
c0112559_08013237.jpg
モリアオガエルがいるようです。森青蛙と書くようですが、特に珍しくもないそうです。
c0112559_08021344.jpg
c0112559_08022961.jpg
c0112559_08024430.jpg
c0112559_08025936.jpg
c0112559_08031401.jpg
少し下がると紫陽花の道。植え替え中の表示。
c0112559_08035289.jpg
c0112559_08041298.jpg
石垣と紫陽花。
c0112559_08044947.jpg
c0112559_08051105.jpg
最盛期は過ぎていますが、まだ咲いています。
c0112559_08054211.jpg
c0112559_08055736.jpg
c0112559_08061662.jpg
c0112559_08063466.jpg
c0112559_08065642.jpg
c0112559_08071735.jpg
もう少し下ります。続きは次回に。



by gipsypapa | 2019-09-05 08:10 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/30434784
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2019-09-06 06:30
「あいりきさん」
こんな露骨で、大丈夫なんでしょうか。
奥の院の小庭も、
年代は新しそうですが、
しっかり造り込まれていますね。
Commented by gipsypapa at 2019-09-06 08:10
j-garden-hirasato さん
「あいりんさん」は強烈ですね。
奥之院のお堂側からはお尻しか見えないわけがわかります。
日本には夫婦和合の神様があちこちにあり
大なり小なり、この種のものがあるようです。
<< 柳谷観音 立願山楊谷寺 奥之院... 柳谷観音 楊谷寺(その5)奥之院 >>