小塩山 大原院勝持寺(その2)

c0112559_10534077.jpg
勝持寺(しょうじじ)は、京都の西南郊外の大原野に位置し、大原野神社から少し登ったところにある天台宗の寺院で、「花の寺」として知られる桜の名所です。

白鳳8年(西暦679年)に天武天皇の勅によって神変大菩薩役の行者が創建したのが始まりだそうです。その後は塔頭(たっちゅう)が49院を抱える大きな人でしたが、応仁の乱で、仁王門を除きすべて焼失。現在の建物は乱後の天正年間(1573 – 1592年)に再建されたものです。

小塩山 大原院勝持寺
京都市西京区大原野南春日町1194
撮影 : 2019.5.1
c0112559_10541775.jpg
c0112559_10543215.jpg
配置図には南門になっています。いわゆる山門です。
c0112559_10550708.jpg
c0112559_10553869.jpg
門をくぐって正面にある書院で受付をします。拝観料は400円でした。
c0112559_10562531.jpg
書院の前を通って奥の院へ。
c0112559_10570363.jpg
c0112559_10572112.jpg
縁側にガラス戸があり奥に大広間があります。天正年間ほどは古くなさそうですが、趣がある建物。
c0112559_10575612.jpg
c0112559_10581385.jpg
くぐり門を抜けると・・・
c0112559_10585315.jpg
本堂の横に出ます。
c0112559_10595024.jpg
c0112559_11000688.jpg
c0112559_11002446.jpg
c0112559_11004148.jpg
阿弥陀堂が本堂です。さすがに歴史を感じさせる佇まいで、拝殿の上部にある木鼻などの彫刻も見事でした。

勝持寺阿弥陀堂
天正年間か
設計・施工 : 不明
c0112559_11022002.jpg
c0112559_11023612.jpg
本尊は薬師如来。国の重要文化財です。
c0112559_11030886.jpg
c0112559_11032586.jpg
c0112559_11033986.jpg
c0112559_11035409.jpg
c0112559_11040841.jpg
c0112559_11042352.jpg
阿弥陀堂の右にあるのは瑠璃光殿。
c0112559_11045900.jpg
c0112559_11051607.jpg
c0112559_11053186.jpg
c0112559_11054829.jpg
阿弥陀堂の南側にある石段を登ると不動堂。
c0112559_11062358.jpg
c0112559_11064250.jpg
c0112559_11065565.jpg
c0112559_11071055.jpg
西行桜。季節はずれなので「花の寺」のイメージはありませんでした。秋の紅葉も美しいそうです。
c0112559_11072981.jpg
c0112559_11082202.jpg
江戸時代には、この後に訪ねた京都西山の善峯寺と同じく、桂昌院の帰依を受けた寺院です。

by gipsypapa | 2019-07-13 11:11 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/30361069
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2019-07-14 08:09
緑の中に鎮座する古寺、
趣がありますね。
変に観光地化されていなくて、
素敵です。
Commented by gipsypapa at 2019-07-14 20:41
j-garden-hirasato さん
令和になってから
新緑が美しいので
京都府ではありますが
自宅に近い西山周辺を散策しました。
<< 大原野の樫本神社 小塩山 大原院勝持寺(その1) >>