法寿山 正法寺(その2)遍照塔

c0112559_08034516.jpg
正法寺(しょうぼうじ)は、京都市西京区大原野にある真言宗東寺派の寺院で、山号は法寿山。別称「石の寺」といいます。本尊は千手観音。京都洛西観音霊場番外札所、西国薬師四十九霊場第41番札所です。

境内前の広場の右側に建つ鮮やかな彩色の二重の塔は遍照塔(へんじょうとう)です。日露戦争の戦没者慰霊のため,明治末期に東山区の高台寺境内に建設された忠魂堂(ちゅうこんどう)という建物でしたが、平成になって、ここに移築されました。チタン葺き、六角二重塔の京都市有形文化財。

正法寺 遍照塔
旧高台寺忠魂堂
1908(明治44)年/ 2007(平成19)年移築
京都市有形文化財
設計 : 亀岡末吉(京都府技師)
施工 : 不明
京都市西京区大原野南春日町1102
撮影 : 2019.5.13
c0112559_08043243.jpg
足場が組まれています。屋根の補修のようでした。
c0112559_08050484.jpg
c0112559_08052421.jpg
c0112559_08054175.jpg
設計者は亀岡末吉(かめおかすえきち 1865- 1922)。
c0112559_08061134.jpg
明治後期以降に社寺建築を中心とした設計を手がけ、その独特で華麗な意匠は「亀岡式」といわれるそうです。
c0112559_08064355.jpg
c0112559_08070185.jpg


by gipsypapa | 2019-07-03 08:08 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/30347125
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2019-07-04 07:17
今風な造り方で、
あまり趣は感じられませんね。
太鼓橋も、
取って付けたような配置です。
結界を跨ぐものなんだけどなあ。
残念です。
Commented by gipsypapa at 2019-07-04 08:41
j-garden-hirasato さん
明治の末期ですから
いわゆる近代建築ですね。
ガラスで囲われているので
ますます新しい感じです。
太鼓橋は平成の移設時に
とってつけたのでしょう。
<< 法寿山 正法寺(その3)伽藍 法寿山 正法寺(その1) >>