梅宮大社 東神苑(その1)

c0112559_08341544.jpg
梅の名所として知られる「梅宮大社」には回遊遊式庭園の神苑があります。境内を取り巻く神苑のうち東側は元禄年間(1688~1704)に最初の整備がなされたとiいわれています。現在、神苑は本殿の東、北、西の周囲3方を囲むように配置されています。

東神苑は江戸時代には現在の半分ほどの広さだったとか。明治から大正にかけて拡張され、さらに昭和40年代後半に池の改修とともに北神苑や西神苑の整備が行われ、現在見るような姿となったそうです。明治時代に整備して仕上げたのは、小川治兵衛と並び造園師の双璧と言われた奥田音吉(植音)です。

東神苑は祭神である木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)にちなんで咲耶池(さくやいけ)という名の池を中心とした庭園で、元禄年間の作庭といわれています。

梅宮大社 東神苑
元禄年間(1688~1704) / 明治~大正時代(整備拡張)
作庭 : 奥田音吉(植音)
京都市右京区梅津フケノ川町30
撮影 : 2019.5.7
c0112559_08345593.jpg
適切な境内マップが見つかりませんでした。これ、過去に開催されたコスプレの大会用のものなので、更衣室のマークがありますが、これは次回アップする参集殿です。また、注意書きに「拝殿・土俵は撮影禁止」とありますが、これはコスプレ大会限定で、普通の拝観は問題なく撮影できました。
c0112559_08360010.jpg
社務所で拝観料550円払ってチケットをもらい、境内を横切って東門から入ります。
c0112559_08363404.jpg
簡易的に閉まっていますが、無人。自分で開けて入ります。
c0112559_08370810.jpg
c0112559_08372658.jpg
門をくぐると正面に咲耶池。
c0112559_08375771.jpg
ネット情報では花菖蒲(はなしょうぶ)がきれいとありますが・・・・
c0112559_08383058.jpg
相変わらず花菖蒲と杜若(かきつばた)さらにアヤメの区別がつきません。早めの時期ですが、咲き始めています。
c0112559_08392650.jpg
c0112559_08394191.jpg
c0112559_08395836.jpg
c0112559_08401508.jpg
c0112559_08403306.jpg
一面の睡蓮。ハスの花が咲くにはもう1ヵ月ほど待つ必要があります。
c0112559_08410998.jpg
c0112559_08412881.jpg
咲耶池は大きいので池泉舟遊式とも。
c0112559_08415901.jpg
c0112559_08421745.jpg
霧島ツツジは満開で見事。
c0112559_08425134.jpg
c0112559_08430762.jpg
c0112559_08432371.jpg
c0112559_08435140.jpg
もう半周しますが、それは次回に。



by gipsypapa | 2019-06-28 08:46 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/30339661
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2019-06-30 08:26
梅宮大社のお庭は、知りませんでした。
ハナショウブが有名なんですか。
ハナショウブは水の中で、
アヤメは陸地で咲きますね。
Commented by gipsypapa at 2019-06-30 13:25
j-garden-hirasato さん
梅宮大社の神苑は
かなり大きな池泉回遊て
なかなかいいですよ。
ショウブとアヤメ。
なるほど、ありがとうございました。
あとカキツバタも似てますよね。

<< 梅宮大社 東神苑(その2) 梅宮大社の社殿 >>