太田市立大森小学校

c0112559_07511404.jpg
銀山ゾーンを龍源寺間歩(りゅうげんじまぶ)に向かう途中に古そうな小学校の校舎を発見。調べてみると戦後とはいえ、65年も前に建てられた大森小学校でした。開校したのは明治5年といいますから、まだ石見銀山が採鉱をやっていた頃。そのころはもっと児童数が多かったはずですが、今は十数名だとか。戦後に建てられた古い木造校舎が少人数で丁寧に使い続けているようです。木造平屋建て。

太田市立大森小学校
1954(昭和29年)
設計・施工 : 不明
島根県大田市大森町ニ32
撮影 : 2019.3.23
c0112559_07515307.jpg
c0112559_07522040.jpg
c0112559_07523964.jpg
黒い下見板張りの校舎に白い窓枠が美しい。
c0112559_07534676.jpg
c0112559_07531263.jpg
c0112559_07542168.jpg
裏側にもう1棟高い建物が見えます。講堂かもしれません。
c0112559_07550075.jpg
往きは雨でしたが、帰りは晴れました。
c0112559_07555008.jpg
c0112559_07560626.jpg
赤い瓦の新しそうな校舎もいいですね。
c0112559_07573678.jpg
学校のHPに中の写真があったので、借用します。


by gipsypapa | 2019-05-21 08:00 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/30284461
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2019-05-23 06:56
平屋建てですね。
学校の木造校舎で、
平屋を見るのは初めてです。
Commented by gipsypapa at 2019-05-23 08:21
j-garden-hirasato さん
昔は平屋建ては結構あったようです。
確かに最近は見ませんね。
<< 石見銀山 龍源寺間歩 石見銀山の銀山ゾーンを歩く >>