松江の明々庵

c0112559_07452142.jpg
松江城山公園の北東、武家屋敷の裏側の高台にある明々庵(めいめいあん)。茶人としても知られる松江藩7代藩主、松平不昧(ふまい)によって、1779(安永8)年に家老の有沢弌善の邸内に建てた茶室を主とする古庵です。

ネット情報では、一時、東京の松平伯邸に移されていたそうで、その後松平家から郷国の出雲に返され、昭和3年に菅田庵(かんでんあん)のある有澤山荘の向月亭(こうげつてい)に隣接した萩の台に建てられていたとか。

第二次世界大戦後は管理が行き届かず、荒廃していたのを、昭和41年、不昧公150年祭を機に現在の赤山に移されました。木造、入母屋造り、茅葺き平屋建て。

明々庵
1779(安永8)年 / 1966(昭和41)年移設
設計・施工 : 不明
島根県松江市北堀町278
撮影 : 2019.3.22
c0112559_07455724.jpg
c0112559_07461342.jpg
c0112559_07464668.jpg
坂道の途中に標識と看板があるので、わかりやすい。
c0112559_07475496.jpg
c0112559_07481754.jpg
c0112559_07490886.jpg
さらに細い石段を上ります。
c0112559_07493102.jpg
登りついたら枯山水の小さな庭に迎えられます。
c0112559_07524422.jpg
正面の瓦葺きは百草亭といわれる建物でしょう。
c0112559_07503723.jpg
城見台といわれ、松江城ビューポイントの一つです。
c0112559_07543293.jpg
c0112559_07550825.jpg
庭の右側にアプローチがあり、左の百草亭の受付奥に茶室「明々庵」がありますが・・・
c0112559_07560882.jpg
時間がなくここまで。
c0112559_07590939.jpg
なので、以下はネットの写真を借用しています。
c0112559_07593920.jpg
c0112559_08000120.jpg
c0112559_08001872.jpg
c0112559_08003416.jpg
c0112559_08014095.jpg
c0112559_08015313.jpg



by gipsypapa | 2019-05-10 08:05 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/30267335
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2019-05-12 06:21
大名茶人、
馴染みがない言葉でした。
大名が茶を嗜んでいたことは知っていましたが、
茶人にまでなった大名もいたのですね。
それだけ島根の文化水準が高かったということでしょう。
Commented by gipsypapa at 2019-05-12 10:47
j-garden-hirasato さん
江戸時代は中期のころになると
大名はもう武士と言うより
地方の政治家のような立場だったでしょう。
お茶をたしなむのも
ここまで来たと言うことですかね。
<< ロイヤルホテル大山 松江城の堀端を歩く >>