霧島神宮(その2)

c0112559_08115682.jpg
創建が6世紀と古い歴史を誇る霧島神社では高千穂山頂に向かって社殿が配置されています。現在の社殿は鹿児島藩主によって、江戸時代中期の正徳5年に復興されたもの。

本殿・弊殿・拝殿は大規模な複合社殿で、登廊下で達する一段高いところにあり、登廊下の下に勅使殿が建ち、この前方両側に、前回アップした門守神社2棟が配置されています。また登廊下の途中から西に廊下が出て、神饌所につながっています。これらはいずれも国の重要文化財です。

霧島神宮 本殿・幣殿・拝殿(合1棟)、登廊下および勅使殿
1715(正徳5)年
重要文化財
設計・施工 : 不明
鹿児島県霧島市霧島田口2608-5
撮影 : 2019.3. 12
c0112559_08123719.jpg
c0112559_08125600.jpg
両翼を広げた形の勅使殿。残念ながら通常は霧囲いで覆われ、拝観はできません。一般にはここから参拝します。
c0112559_08133924.jpg
右手が西長庁、左手が東長庁。その奥に登廊下があり、その先には拝殿。更に奥に幣殿、一番奥が本殿となっています。
c0112559_08152190.jpg
c0112559_08153932.jpg
勅使殿には大きな唐破風を突き出す、派手で豪華な造り。
c0112559_08165931.jpg
朱塗りの柱や極彩色の美しい彫刻が一杯で、華やかです。
c0112559_08174461.jpg
木鼻は色鮮やかな獅子と象。
c0112559_08185750.jpg
c0112559_08191190.jpg
c0112559_08192646.jpg
c0112559_08194193.jpg
c0112559_08200133.jpg
c0112559_08203531.jpg
c0112559_08205086.jpg
大きな金ピカ菊の御紋の賽銭箱。難しくて読めませんが天明元年(1781年)8月奉納と書いてあるとか。ネットには色あせた写真がありました。最近、塗りなおしたようです。
c0112559_08212987.jpg
透塀の隙間から見た勅使殿の羽の部分、西長庁の内部。
c0112559_08221703.jpg
勅使殿の奥の登廊下は階段です。
c0112559_08231034.jpg
拝殿手前まで登ったら渡り廊下が左に延びています。
c0112559_08234562.jpg
端っこが重要文化財の「附」(つけたり)指定されている神饌所です。
c0112559_08242249.jpg
登廊下の奥は拝殿。
c0112559_08244127.jpg
このまた奥に幣殿、本殿と続きますが見ることができません。
c0112559_08264382.jpg
ネットにあった幣殿の写真。左右の龍柱は強烈な色の手の込んだ装飾彫刻です。
c0112559_08272474.jpg
さらに階段があり、その上に本殿が見えています。
c0112559_08275762.jpg

by gipsypapa | 2019-04-26 08:30 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/30244203
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2019-04-27 06:49
見事な彫刻ですね。
色も派手派手、
見応えがあります。
この龍の彫り物は見れませんか。
それは、残念です。
Commented by gipsypapa at 2019-04-27 08:34
j-garden-hirasato さん
スケールは違いますが
日光東照宮を思い出しました。
幣殿の派手な彫刻が見れないのはもったいない。
作った人は見てもらうのを前提にしているはずなんですが。
<< 福山黒酢の郷 桷志田 霧島神宮(その1) >>