かごしま旅の駅 魔猿城

c0112559_08353962.jpg
知覧を出て山を下って錦江湾(鹿児島湾)沿いにでました。トイレ休憩で立ち寄った「かごしま旅の駅 魔猿城(まさるじょう)」。城郭のような奇抜な建物で、ここで鹿児島名物のさつま揚げやかるかん饅頭の製造工場の見学と、販売をしています。

かごしま旅の駅 魔猿城
鹿児島県鹿児島市七ツ島1-5-1
撮影 : 2019.3.11
c0112559_08361395.jpg
薩摩半島を北上して、再び鹿児島市内方面へ。海沿いに出ました。昨日はまったく見えなかった桜島が遠くに。
c0112559_08375878.jpg
椰子の木が立ち並ぶ南国らしい風景です。
c0112559_08390538.jpg
c0112559_08392907.jpg
入り口前には桜島大根。
c0112559_08395672.jpg
子供の頃の鹿児島土産でよく食べた、懐かしい「かるかん」を買いました。これ以降の写真はネットから。
c0112559_08404446.jpg
「かるかん饅頭」もあります。私は原料の山芋のほのかな香りを感じる昔ながらの、餡なしが好きです。
c0112559_08412757.jpg
一応、さつま揚げも購入しました。
c0112559_08420559.jpg

by gipsypapa | 2019-04-18 08:43 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/30231845
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2019-04-19 06:33
お城の上までは上がれないのでしょうか。
魔猿とは、何か物騒な名前ですね。
何が由来でしょう。
Commented by gipsypapa at 2019-04-19 07:55
j-garden-hirasato さん
2階がかるかん工場でしたが
それより上の階は行かなかったです。
何もなさそうでしたね。
魔猿、そうですねえ・・・・・
創業者の名前が「まさる」さんだったとか。
<< 南洲神社と南洲墓地を参拝 知覧平和公園「乙女の祈りの庭」 >>