枚方市の塩熊商店

c0112559_10102172.jpg
枚方(ひらかた)の旧京街道に塩熊(しおくま)商店があります。享保年間(1720年代)創業のの老舗で、赤穂の塩を販売したのが始まりだそうです。町家風の建物は、明治31年(1898)に建てられたもので、一部はお休み処や塩熊ギャラリーになっていて、くらわんか茶碗や藍染製品の展示販売や小物等を販売しています。

塩熊商店
1898(明治31)年
設計・施工 : 不明
大阪府枚方市三矢町3-21 撮影: 2006.3.25
c0112559_10111443.jpg
c0112559_10113242.jpg
c0112559_10115033.jpg
c0112559_10120741.jpg
この写真はネットから。
c0112559_10124323.jpg
c0112559_10130049.jpg
c0112559_10131741.jpg
2階の天井が低い厨子2階で、漆喰塗りに虫籠窓は町家の典型。
c0112559_10135835.jpg
塩の写真はネットから借用しています。
c0112559_10143196.jpg

by gipsypapa | 2019-03-16 10:16 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/30170358
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2019-03-17 10:01
古い物件が、
かなり保存、活用されているのですね。
関東ではあまり知られていませんが、
関西では、
古い町並みで有名なのでしょうか。
Commented by gipsypapa at 2019-03-18 09:03
j-garden-hirasato さん
多分、古い街道としては認識されていないかな。
皆が知っているのは枚方パークでしょうね。
大型の遊園地で歴史もあるので有名です。
PR大使は「ひらパー兄さん」と呼ばれ
現在はV6の岡田准一がやっています。
<< 枚方市の寺院 浄念寺 枚方宿鍵屋資料館 >>