秋月城下町(その2)

c0112559_08284414.jpg
秋月は近世になって黒田氏が12代と城下町としての歴史は大変古く、現在の街並みは黒田氏によってつくられました。NHK大河ドラマ「軍師神官兵衛」こと黒田官兵衛ゆかりの城下町です。今回は町の南端にある秋月城跡へ。

黒田官兵衛は通称で本名は孝高だとか。秀吉の参謀として活躍した武士で、晩年は黒田如水(くろだ じょすい)として広く知られています。関が原の戦い以降に長男の黒田長政が今の福岡市に黒田藩をの藩主となり、黒田五十二万石を拝領しました。ちなみに福岡という地名は黒田家の出身地の備前福岡(現在の岡山県瀬戸内市長船町福岡)からきています。

秋月は町全体が国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。町割り、屋敷割り、道路網と水路網、城館跡、武家屋敷、町屋の城下町の様子が周辺の自然景観、田園景観と調和て歴史的なたたずまいを残しています。

秋月城下町
福岡県朝倉市秋月野鳥663
撮影 : 2018.11.19
c0112559_08302288.jpg
c0112559_08314262.jpg
瓦坂
c0112559_08321668.jpg
瓦坂はかつて秋月城の前面のお堀に造られた大手門(表門)に続く坂道で、当時はこの奥に 黒門 がありましたが、現在は黒門は移築され少し離れた所にあります。
c0112559_08341756.jpg
これはネットの写真を借用します・
c0112559_08353186.jpg
その向こうにもう一つの坂。
c0112559_08365403.jpg
こちらは石段です。登ったところにあるのは長屋門。

長屋門
c0112559_08382510.jpg
長屋門は奥御殿へ行くる門で、唯一城内の元の位置に残っています。嘉永3年(1850)に建てられたそうです。

秋月城長屋門
江戸時代後期
福岡県指定有形文化財
c0112559_08392883.jpg
城跡には何もありません。
c0112559_08400590.jpg
春は桜がきれいでしょう。

黒門
c0112559_08404868.jpg
黒門は明治13年(1880)に移築され、現在は秋月黒田藩祖である黒田長興を祀る垂裕神社の参道にありますが、本来は秋月城の大手門として、城の前面堀割にある瓦坂の奥、右側に建っていたものです。

形式的には江戸初期のものとされますが、中世秋月氏の本城「古処山城」の搦手門(からめてもん)であったという伝承も残っています。秋月観光のシンボルで、周辺は楓の木が多く、周辺は紅葉の名所として有名です。

秋月城本門(黒門)
江戸時代前期
福岡県指定有形文化財
c0112559_08420633.jpg
黒門は現在は垂祐神社の山門をかねています。

垂裕神社(すいようじんじゃ)
c0112559_08441109.jpg
幕末の安政6年(1859年)に秋月藩第10代藩主黒田長元が初代藩主長興の200周忌を迎える際に、その功績を記念するため秋月八幡宮宮司宮永保親に命じて京都の吉田家に神号授与を申請。吉田家より『垂裕明神』の神号を与えられ、神霊を八幡宮相殿に祀ったのが始まりでとあります。現在の社殿は明治初期に旧秋月藩士たちによって建てられました。

垂裕神社
1875(明治8)年
c0112559_08451464.jpg
c0112559_08454431.jpg
石段を登ります。
c0112559_08463689.jpg
c0112559_08465723.jpg
上がった床rにはもう一つ鳥居。
c0112559_08475610.jpg
拝殿と・・・
c0112559_08483502.jpg
c0112559_08490410.jpg
c0112559_08492229.jpg
本殿。
c0112559_08500651.jpg
c0112559_08502680.jpg
古処庵(こしょあん)
c0112559_08513547.jpg
黒門のそばに看板がある古処庵。店舗は一段下がった杉の馬場通りにある食事処です。入りませんでしたが、民芸風の内観だそうです。

古処庵
福岡県朝倉市秋月野鳥667-9
c0112559_08522726.jpg
c0112559_08525512.jpg
c0112559_08531886.jpg
これ以降はネットの写真を借用しています。
c0112559_08535509.jpg
c0112559_08541910.jpg



by gipsypapa | 2019-02-11 09:02 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/30095695
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2019-02-12 05:54
黒田官兵衛縁の地ですか。
余計にキレイに(整備)されておらず、
また、コケの生し具合がイイですね。
九州は、とにかく遠いです。
いつか、ゆっくり行きたいと思うのですが。
Commented by gipsypapa at 2019-02-12 08:39
j-garden-hirasato さん
黒田官兵衛は優秀すぎて、
秀吉から疎まれるようになり
如水と名乗ってここに城を構えました。
秀吉の死後のどさくさに
この地で塀を起こし
天下を取ろうとしたそうです。
しかし家康が台頭して断念。
関が原では長男を家康に味方させ
結果、黒田五十二万石を拝領したのですね。
<< ロイヤルホテル宗像 秋月城下町(その1) >>