秋月城下町(その1)

c0112559_08275572.jpg
大興善寺から東に移動して再び福岡県の朝倉市の秋月(あきづき)へ。このツアーは佐賀県と福岡県を行き来しますが、周辺が地理的に両県が入り組んでいるからでもあります。

秋月は、標高約860mの古処山(こしょさん)麓の町で三方を山で囲まれ、南に開けた町です。中世の鎌倉時代に秋月氏が古処山に山城を築き、江戸初期から黒田氏が治めた歴史ある城下町です。黒田氏によって作られた街並みは、筑前の小京都といわれ国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。

秋月城下町
重要伝統的建造物群保存地区
福岡県朝倉市秋月野鳥
撮影 : 2018.11.19
c0112559_08285813.jpg
c0112559_08301052.jpg
観光案内所の駐車場から南に歩いて秋月城跡へ向かいます。
c0112559_08304236.jpg
秋月美術館
c0112559_08323449.jpg
筑前黒田藩御用窯の高取焼きを初めとして、中国の陶磁器や古伊万里の名品、ピカソ、ルノワール、横山大観などの 絵画を展示しているそうです。

秋月美術館
福岡県朝倉市秋月野鳥695-1
c0112559_08311937.jpg
c0112559_08330290.jpg
秋月博物館
c0112559_08342528.jpg
秋月藩の上級武士だった戸波家の屋敷地と、藩の学校「稽古館」跡地にあります。もとは秋月黒田家所蔵の遺品を公開する施設として開館しました。また秋月出身・土岐勝人氏から美術品の寄贈を受け、歴史資料や美術品が充実したそうです。

秋月博物館
旧戸波邸
福岡県朝倉市秋月野鳥532-2
c0112559_08352132.jpg
c0112559_08354298.jpg
c0112559_08360463.jpg
これ以降の2枚はネットの写真です。
c0112559_08363889.jpg
c0112559_08370408.jpg
観光地なので城跡へ向かう道には土産物屋などのお店が並んでいます。
c0112559_08381690.jpg
c0112559_08383497.jpg
城跡を訪ねた帰りは、迂回して別の道を歩きました。

久野邸
c0112559_08401269.jpg
県道80号線沿いにある「久野邸」は、江戸時代の初期、秋月黒田藩の初代藩主、黒田長興に直接つかえていた上級武士の屋敷で、秋月における武家屋敷の中でも特に大きな敷地をもっています。

久野邸福岡県朝倉市秋月83-2
c0112559_08411187.jpg
c0112559_08413492.jpg
c0112559_08415426.jpg
この民家のような建物はアンティークの店でした。

あんてぃーく秋月
福岡県朝倉市秋月191-1
c0112559_08445573.jpg
城下町を流れる野鳥川(のとりがわ)。
c0112559_08452888.jpg
その野鳥川に架かる眼鏡橋。福岡県の有形文化財です。見逃したので写真はネットから借用しています。
c0112559_08462083.jpg
次回は秋月城跡周辺をアップします。

by gipsypapa | 2019-02-08 09:11 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/30091038
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2019-02-09 17:03
素敵な城下町ですね。
重伝建に指定されていますか。
古い建物、町並みもキレイに修復されていますね。
最近ありがちな、
過度の舗装の美装化がされておらず、
好感が持てます。
Commented by gipsypapa at 2019-02-10 15:30
j-garden-hirasato さん
ここも初めて行きました。
観光地になってはいますが
それほどの人通りではなかったです。
やはり城自体が残っていないと
人は集まりませんかね。
<< 秋月城下町(その2) 小松山 大興善寺(その2) >>