カトリック出津教会堂

c0112559_10175495.jpg
「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」2番目の訪問地は大野教会堂と同じ西彼杵半島の西岸にある外海(そとめ)地区の出津(しづ)教会。

この教会堂もフランス人宣教師マルク・マリー・ド・ロ、通称ド・ロ神父によって建設されたもので、明治15年に献堂式が行われ、正面および背面の増築を経て明治42年に現在の姿となりました。

出津教会堂は明治前期に建設された希少な初期教会堂の一つで、後世の増築も、同一の設計者によって均整を保った拡充が図られており、高い価値が認められ、国の重要文化財に指定されています。煉瓦造りおよび木造、正面と背面に塔屋付。

カトリック出津教会堂
1882(明治15)年 / 1909(明治42)年増築
世界遺産
重要文化財
設計・施工 : マルク・マリー・ド・ロ(ド・ロ神父)
長崎市西出津町2633
撮影 : 2018.10.2
c0112559_10183338.jpg
⑨出津教会と関連施設
c0112559_10191133.jpg
c0112559_10192644.jpg
c0112559_10194317.jpg
c0112559_10195907.jpg
c0112559_10204587.jpg
c0112559_10210507.jpg
c0112559_10215432.jpg
c0112559_10223060.jpg
c0112559_10225632.jpg
c0112559_10231776.jpg
c0112559_10233508.jpg
c0112559_10235134.jpg
c0112559_10241454.jpg
c0112559_10243198.jpg
c0112559_10244629.jpg
左がド・ロ神父。右の像はパウロ・中村近蔵は翁。ド・ロ神父を始めとする歴代の神父の片腕となり、教徒の宗教、教育、教会の運営に尽力された人物とのこと。
c0112559_10251710.jpg
「ドロー神父」になっています。
c0112559_10254508.jpg
c0112559_10255912.jpg
c0112559_10261646.jpg
内部写真はネットから借用しています。

c0112559_10275254.jpg
c0112559_10280944.jpg
c0112559_10282617.jpg
c0112559_10284305.jpg
行けませんでしたが、バスの車窓から旧出津救助院(きゅうしつきゅうじょいん)が見えました。

c0112559_10325401.jpg
行かなかったので、これ以降の写真はネットから借用しています。旧出津救助院はド・ロ神父の人類愛によって設立された授産活動の場で、現在の長崎市西出津町出津文化村エリアにあります。施設はいくつかの資産で構成され、保存・修復を経ながら現在も残っています。
c0112559_10344480.jpg
ド・ロ塀(国指定重要文化財)
c0112559_10351703.jpg
授産場(国指定重要文化財)
c0112559_10354602.jpg
授産場1階炊事場
c0112559_10361550.jpg
授産場2階祈りの場
c0112559_10364764.jpg
マカロニ工場(国指定重要文化財)
c0112559_10372724.jpg
製粉工場(長崎県指定史跡)
c0112559_10380081.jpg
薬局(長崎県指定史跡)
c0112559_10383879.jpg
旧出津救助院の向かいのド・ロ様記念館(国指定重要文化財)は、旧鰯網工場を改装して建設されました。

by gipsypapa | 2019-01-12 10:47 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/30045452
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2019-01-13 07:07
瓦の色をわざわざ変えて模様を付けているのは、
何ででしょうね。
遠くから見て、
教会の施設だとわかるように、
でしょうか。
Commented by gipsypapa at 2019-01-14 07:48
j-garden-hirasato さん
言われてみれば。
救助院の屋根も同じように2種類使っていますね。
残念ながら
理由は分かりません。m(__)m
<< 風頭山の矢太樓 カトリック大野教会堂 >>