糸島半島をドライブ

c0112559_08294974.jpg
今日からは、昨年、2018年に参加した二つの九州ツアーをやります。その前に一箇所だけ。正月明けに田舎に帰省。新鮮な食材が食べられる糸島半島に向かいました。

糸島半島は福岡県の北西部、玄界灘に突き出した半島。福岡市西区今宿と糸島市加布里を境界にして、突出した部分を指します。糸島半島一帯は、邪馬台国論議で話題になった、魏志倭人伝に出てくる古代の伊都国があった場所とされ、かつては『万葉集』や『和名抄』に怡土とも表記されたとか。

実家から遠くないのですが、交通の便がよくなく、訪ねたのはずいぶん久しぶりでした。福岡市に住んでいた学生時代までは、糸島は田舎のイメージが強く、行き来する観光客は少なかったです。しかし最近は山と海に囲まれた自然豊かな観光地として注目され、カフェやショップも増えて「福岡の湘南」と呼ばれることもあるようになりました。
撮影 : 2018.1.18
c0112559_08303632.jpg
目当ては半島の裏側にあるパームビーチ・ザ・ガーデンズという3年ほど前にオープンしたリゾートモールです。
c0112559_08311677.jpg
その一番奥にあるのが「波平」という和食店。

西の浦イカ活造り 波平
福岡県福岡市西区西浦285-C
c0112559_08315139.jpg
c0112559_08321226.jpg
c0112559_08323001.jpg
オープンして間がないので店は新しい。
c0112559_08330414.jpg
「波平」の出所はサザエさんみたいです。
c0112559_08342779.jpg
c0112559_08344530.jpg
このときは平日で午前11時半くらいに入店。12時を過ぎると急にお客さんが増えました。人気店です。
c0112559_08352517.jpg
頂いたのは名物のイカの活き造り定食2800円。

他にもゴマぶり定食1800円、刺身定食1800円、イカ天刺丼定食2000円、イカ天ぷら定食1500円、イカ丼定食 1300円などがありました。
c0112559_08360503.jpg
イカの生き作りは更に西にある佐賀県唐津市の呼子が有名ですが、ここもそのエリアの一角と言っていいでしょう。
c0112559_08375417.jpg
トイレに飾ってあった「STILLl CRAZY For YOU」のレコードジャケット。ユーミンとクレージーキャッツ。こういうレコードがあったのは知りませんでした。2006年発売で、渡辺プロ50周年記念曲。

クレージーキャッツの亡きメンバーたちのパートは、それぞれのサンプル音源を使用したとか。フジテレビ系『ウチくる!?』エンディング・テーマだったそうです。時代が変わりました。今となっては存命のメンバーは一人だけのようです。アマゾン・プライムでは8,988円のレア盤でした。Youtube もありました。↓



c0112559_08391132.jpg
リゾートモールなので開放的なビーチが目の前。庭の芝生も夏には緑になるでしょう。
c0112559_08395324.jpg
c0112559_08401513.jpg
写真の左、海の中に白い鳥居が小さく写っています。
c0112559_08404795.jpg
夫婦岩のある桜井二見ヶ浦は、「日本の渚100選」「日本の夕日100選」にも選ばれる名勝スポット。行かなかったので写真はネットから借用しています。

桜井二見ヶ浦
福岡県糸島市志摩桜井
c0112559_08413781.jpg
糸島半島を南下。博多湾です。向こうに見える島は能古島(のこのしま)だと思います。
c0112559_08434575.jpg
c0112559_08440300.jpg
帰りには夕食の買出しにJAの直売所に立ち寄りました。伊都菜彩(いとさいさい)は日本一の売上高を誇り、JA糸島が運営する直売所で、全国放送のTVでもよく紹介されます。糸島の農家約1,200人が農畜産物や畜産物、花などを持ち込み、オープン前に生産者が自分で商品を並べています。玄界灘に面した糸島ですから、もちろん新鮮な海産物も豊富に揃っています。

JA糸島産直市場 伊都菜彩
福岡県糸島市波多江567
c0112559_08452693.jpg
平日の午後なので、品薄気味。
c0112559_08455805.jpg
週末は広い駐車場が一杯になるほどの大混雑だとか。
c0112559_08463233.jpg
c0112559_08465351.jpg
私は大阪で手に入らない、正月の雑煮に入れる「かつお菜」を購入。
c0112559_08474692.jpg
大阪の我が家の正月は、仕方なく他の青菜で代用していますが、かつお菜じゃないと雑煮を食べた気がしません。これ以降の写真はネットから借用。
c0112559_08484647.jpg
ウィキペディア。「かつお菜(勝男菜)はアブラナ科で、高菜の近縁の野菜。食したときの味わいが魚のカツオに似ていることから名付けられた。福岡県では古くから正月のお雑煮やお吸い物の具や漬物として使われている。」
c0112559_08491805.jpg
実家の雑煮に最も近い雑煮の写真。丸餅にカツオ菜、干し椎茸、かまぼこと鶏肉。出汁は椎茸の戻し汁に昆布といりこ。高級なものは焼きアゴを使います。いわゆる博多雑煮は鶏肉ではなく、ブリなどの魚とかエビ、里芋や人参が入り多様ですが、かつお菜と干し椎茸は必須です。
c0112559_08495886.jpg
糸島半島は古代からの歴史の地なので、古墳や遺跡が多いところです。これもその一つの古墳ですが、詳細は分かりません。

by gipsypapa | 2019-01-08 08:54 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/29989130
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2019-01-09 06:43
ご出身は福岡でしたか。
福岡の湘南、素敵な場所ですね。
こんなイカの造りは初めて見ました。
イカが動き出しそうですね。
かつお菜というのも、初めて見ました。
しっかりした歯応えがありそうなお菜ですね。
食べてみたいです。
Commented by gipsypapa at 2019-01-09 09:33
j-garden-hirasato さん
生き造りなのでイカは生きています。
下手に足に触ると
吸い付いて離れません。
足は後でてんぷらにしてもらうのが普通です。
かつお菜は柔らかい食感です。
<< 九十九島パールリゾート がんこ新宿山野愛子邸 >>