養老公園 料理旅館 千歳楼(その1)

c0112559_08413217.jpg
この日の宿は千歳楼(せんざいろう)です。創業は江戸中期の1764(明和元)年という歴史のある旅館で、多くの文化人に愛された宿だそうです。養老公園の北の山際の緑に囲まれた景勝地に建っています。

建物は正面には車寄せがある玄関があり、向かって左には明治初期に建てられた2階建て数奇屋建築、右側には大正時代から戦後の昭和に増改築されたロビーや客室がある瀟洒な木造旅館です。

本館と栖鳳閣(せいほうかく)、流芳閣(りゅうほうかく)が国の登録有形文化財に指定された木造平屋、一部2階建て。

料理旅館 千歳楼本館
1880(明治13)年 / 大正・昭和初期増築 / 1961(昭和36)年改修
設計・施工 : 不明
岐阜県養老郡養老町養老公園1079
撮影 : 2018.7.2 & 3
c0112559_08430517.jpg
養老の滝から下がったところの緑の中にあります。
c0112559_08434456.jpg
c0112559_08441041.jpg
c0112559_08443269.jpg
c0112559_08444933.jpg
c0112559_08450698.jpg
c0112559_08452553.jpg
c0112559_08454521.jpg
向かって左側は明治13年築の2階建て。
c0112559_08463979.jpg
2階は大広間。次回に中を紹介します。
c0112559_08473529.jpg
1階には広い縁側。旅館じゃなくお屋敷みたいですね。
c0112559_08483408.jpg
玄関から右側は大正から昭和に増改築された平屋です。
c0112559_08491305.jpg
c0112559_08493385.jpg
c0112559_08512887.jpg
流芳閣は大正時代の築で、国の登録有形文化財です。栖鳳閣は木々に隠れてみることが出来ませんでした。
c0112559_08523236.jpg
これはネットの写真を借用しています。
c0112559_08532721.jpg
敷地内には本館以外にも東屋風の建物があります。これは離れのようですが、使われていません。
c0112559_08541683.jpg
詳細を聞いたはずですが、忘れました。
c0112559_08545751.jpg
もう1棟はベンガラ壁の瀟洒な建物。
c0112559_08553442.jpg
おかみさんによれば、昭和初期にとある皇族ご一行が宿泊されたときに、ここで天麩羅を揚げて提供したとか。
c0112559_08570426.jpg
c0112559_08572460.jpg
ここも使われていませんが、暖簾を掛けて当時の雰囲気を残しています。
c0112559_08584110.jpg
千歳楼本館の内部は次回に。


by gipsypapa | 2018-12-07 09:21 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://gipsypapa.exblog.jp/tb/29886841
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 養老公園 料理旅館 千歳楼(その2) 養老鉄道 養老駅 >>